まさにカオス! M.S.S Project「Soul Meeting Tour2017」東京公演潜入レポート前編

2017年9月6日 / 17:00

左からKIKKUN-MK-Ⅱ、eoheoh、あろまほっと、FB777

 M.S.S Project(以下MSSP)の全国ツアー「Soul Meeting Tour2017」(以下SMT)のファイナル公演が、8月29日に東京・中野サンプラザで開催された。

SMTは音楽ライブとは一味違い、ダンス、ゲーム実況、メンバーたちの体を張った企画がメイン。出し物によってはメンバーが観客の私物を使ったり客席を回るなどファンとMSSPの距離が非常に近いイベント構成になっている。

 当日は開場前から多くのファンが会場前にある広場に集まり賑やかな様子。私が到着した時には既に物販の時間は終了していたのか多くのファンがショッパーを片手に友人たちと談笑していた。

 その中でもひと際目を引いたのが各メンバーが印刷されたうちわ。SNSでは「アイドル?」「某芸能事務所のグッズで見たことある」といわれていたこのうちわ。公演中使用するということなので皆さんどこで使用するのか予想してみてください!

ジャングルのようなセット

 開場時間の17時30分になると多くのファンが入場列を作り、続々と客席へ。その途中スタッフからマジックテープのついた色とりどりのピンポン玉が手渡される。これも公演中に使うもの。何で使うかはレポート後編で明らかに。

ダンスパート1

 会場が暗転しスタイリッシュなオープニング映像がスクリーンに映し出されると客席では赤、青、黄、緑のペンライトの光が灯る。映像が終了するとダンスパートへ。スモークがたかれたステージから4人が登場し、オリジナル曲「PLASMA OCEAN」、「プロトレジエム」そして「L4D勝手に作ったテーマ曲」を華麗に踊り切り会場を盛り上げた。しかし30代の4人が3曲連続で踊るのはつらかったのか「15分ほど休憩をください・・・」と必死に息を整える場面も。

ダンスパート2

ダンスパート3

 ゲーム実況はPlayStation®4アーケードアーカイブスから「ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ」「熱血高校ドッジボール部」をプレイ。まるで学生のように騒ぎつつも順調にステージを進めて行く姿に、学生の頃友達とワイワイと遊んだ思い出がよみがえった。

 そして、今回のSMTゲーム実況のメインタイトルでもある「Fight League」では2チームに分かれいつもの騒がしさはそのままに戦略を練りお互い譲らない真剣勝負を繰り広げ、場内も思わずスクリーンに釘付けとなった。

ゲーム実況パート1

ゲーム実況パート2

 ゲーム実況後は次の企画の準備のため一旦メンバーは裏に戻り、会場には幕間の映像が流れる。今年のSMTでは夏の創作料理というテーマで毎公演メンバー2人が対決2人が審査員役を担当していたが、今回は4人全員で対決。お互いに協力(?)やつまみ食い、妨害をしつつも何とか完成。試食タイムになりFB777が作った「MSSP丼」はメンバーからブーイングが飛び、「小鉢の量でも辛い」「地獄のようなまずさ」「ギャグでも食べたくない」という散々な結果に。作った本人も「舌が拒否する」という評価となった。

 優勝はあろまほっとの作った「ポテチバターご飯」となり、負けた3人は罰ゲームとして「あろまを使ったモノボケ」というチームプレイを披露し、映像は終了。

 最初から最後まで悲鳴と笑い声の耐えない幕間となった。

 後編ではメイン企画「HELL or HEAVENチャレンジ」の様子を紹介します。お楽しみに!

料理動画のはずが悲鳴の上がった幕間

 

©XFLAG © ARC SYSTEM WORKS / ©2016 HAMSTER Co.  © ARC SYSTEM WORKS / ©2015 HAMSTER Co.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカのカントリー賛歌の側面もある『ローガン・ラッキー』

映画2017年11月18日

 『オーシャンズ11』シリーズを手掛けたスティーブン・ソダーバーグ監督の最新作『ローガン・ラッキー』が公開された。  運の悪い人生を送るローガン兄弟(チャニング・テイタム、アダム・ドライバー)は、全米最大のモーターカーイベントの最中に、売上 … 続きを読む

【インタビュー】「コートダジュール No.10」小林聡美と大島優子が一人で九役に挑戦!「毎回違う役柄になれることが俳優の魅力の一つ」(小林)「こういうスタイルのドラマは自分の性格に合っている」(大島)

ドラマ2017年11月18日

 映画『紙の月』(14)で主人公の同僚役を演じ、数々の映画賞を受賞した小林聡美と大島優子が、WOWOW×Hulu共同制作ドラマ「コートダジュール No.10」で再共演する。近年では女優として活躍している大島は、自身の変化や意外な性格を、小林 … 続きを読む

【インタビュー】『全員死刑』間宮祥太朗「やってよかった」迷いを振り切って挑んだ実在する死刑囚がモチーフの連続殺人犯役

映画2017年11月17日

 『ライチ☆光クラブ』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』、『トリガール!』など、昨年から話題の映画に出演し、ネクストブレーカーの筆頭に数えられる間宮祥太朗。日本人離れした圧倒的な美貌に加え、若干24歳で“カメレオン俳優”の … 続きを読む

【インタビュー】『こいのわ 婚活クルージング』風間杜夫「喜劇ほど真剣に演じなければと思っています」

映画2017年11月17日

 突然社長の座を解任された65歳の主人公が、第二の人生を共に歩むパートナー捜しを始める。そこに35歳の美人編集者が現れて…という、広島を舞台にした婚活ラブコメディー『こいのわ 婚活クルージング』が11月18日から全国順次ロードショーされる。 … 続きを読む

【映画コラム】映画好きのつぼを刺激する『人生はシネマティック!』

映画2017年11月11日

 第2次世界大戦下の英国を舞台に、一人の女性脚本家の活躍を描いた『人生はシネマティック!』が公開された。  1940年、ロンドン。広告会社に勤めるカトリン(ジェマ・アータートン)は、ダンケルクで英軍兵士を救った双子の姉妹を描く映画に、脚本家 … 続きを読む

page top