嵐・松本潤と相葉雅紀の声が逆転! 互いの声の印象は「渋い」

2016年1月12日 / 15:10
「2人トーク/ピンク」篇

「2人トーク/ピンク」篇

 コーセーコスメポートのヘアケアシリーズ「ジュレーム」新TV-CM「2人トーク/オレンジ」篇、「2人トーク/ピンク」篇に、嵐の松本潤に加えて新たに相葉雅紀が起用され、同シリーズのCMで初共演した。

 第4弾となる今回の「~オレンジ」篇はブランドCMの“先輩”である松本から相葉へ、人の印象にとって髪がいかに大切かを教える。一方「~ピンク」篇では松本と相葉の声が入れ替わり、声によって互いの印象が大きく変わることを実体験している。

 人の印象には、声と共に髪も重要であることを知った2人が、元の声に戻って「ジュレーム!! リラ~ックス!!」と決めぜりふを叫ぶシーンも見どころとなっている。このシーンは松本のアイデアで、「このCMは『ジュレーム!!』と叫ぶところが印象に残るといろいろな人に言われるので、それを2人で言えたらいいなと思っていました。念願がかなってうれしい」と喜んだ。

 撮影では4回目の出演となる松本が相葉を紹介する形でそろって現場入り。シリーズCM初出演となる相葉が笑顔をつくるシーンで「よっしゃ!」と気合十分に臨もうとするも、監督から「そんなに気合を入れなくていいよ」と突っ込まれるなど和やかな雰囲気で撮影が行われた。

 相葉は「松潤がずっとやってきたあの名せりふを、もしかして近くで聞けるのかなとすごく楽しみでした」とCM出演を楽しみにしていたようで、自身初の叫びが絶賛されると「他のメンバーに『ジュレーム!!』を叫んだことを自慢したい」と笑わせた。

 互いの声について松本は「相葉さんは明るいイメージなんだけど、実際の声は意外と渋いんですよ」といい、相葉も「松潤の声もやっぱり渋いですよね。落ち着いてるよね、声が」と印象を語った。

 また、新製品の香りについて相葉は「フルーティーですごくいい匂い。こんな香りの人がフワッと通ったらちょっと好きになるね」と絶賛し、松本も「甘めでかつ華やか、甘いけど甘過ぎない」と高く評価していた。

 新TV-CMは12日から全国でオンエア。


芸能ニュース

主演の綾野剛

綾野剛“不謹慎な問題作”をアピール 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学んで」

映画2016年6月25日

 映画『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。  本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最 … 続きを読む

二階堂ふみ(左)と小泉今日子

二階堂ふみ「170センチぐらいになると思っていた」 小泉今日子に「四の字固めをかけられた」

映画2016年6月25日

 映画『ふきげんな過去』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、前田司郎監督が出席した。  本作は、小泉と二階堂が初共演した人間ドラマ。退屈な日々を送っていた女子高生の果子(二階堂) … 続きを読む

神木隆之介

長瀬智也「生まれ変わったらクドカンになりたい」 長瀬&桐谷健太「一番鬼だと思うのは神木隆之介」

映画2016年6月25日

 映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、宮藤官九郎監督ほかが登場した。  本作は、命を失い地獄に落ちた高校生の大助(神 … 続きを読む

黒木瞳監督

黒木瞳、初監督作公開までの苦労を振り返る 木村佳乃「監督としては非常に厳しかった」

映画2016年6月25日

 映画『嫌な女』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井、黒木瞳監督が登壇した。  桂望実氏のベストセラー小説を映画化した本作は、堅物弁護士と天才詐欺師という立場も境遇も違う対照 … 続きを読む

チュチュ風衣装を着こなした渡辺美奈代

渡辺美奈代、膝上20センチミニスカでさんみゅ~に勝利宣言 「すごく心配」と新田恵利を気遣う

アイドル2016年6月25日

 6人組アイドルグループさんみゅ~による定期公演「純白歌合戦」#2が24日、東京都内で行われ、報道陣に公開された開催前リハーサルに、さんみゅ~と渡辺美奈代が出席した。  1980年代アイドルの継承を掲げ、活動しているさんみゅ~が今年4月から … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top