多部未華子「自分を見詰め直します」 “制御が難しい女優”のイメージに苦笑

2015年12月5日 / 17:20
「この流れなんだろう」とつぶやいた多部未華子

「この流れなんだろう」とつぶやいた多部未華子

 舞台「ツインズ」の公開舞台稽古が5日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎、演出の長塚圭史ほかが取材に応じた。

 舞台は、作・演出の長塚が、日本の安全神話は崩壊しているのではないか、家族というものもすでに幻想と化しているのではないかという視点から、近い将来に起こり得る日常を描く。

 長塚と古田がタッグを組むのは、2005年に上演された「LAST SHOW」以来、10年ぶりとなる。古田は久しぶりの長塚との舞台についての思いを聞かれると、「(演出が)細かい。あと、けいこが長い」と愚痴を交えて答え、会場を笑わせた。

 また、古田は舞台への意気込みを「まだ始まってないんですけど、早く終わればいいな」と話すなど、破天荒な発言を連発した。

 古田の発言を聞いた報道陣から「(俳優陣は)まとまりますか?」と心配の声があがると、長塚は「大変です」と本音を漏らした。そこには、古田の存在に加えて、吉田の自由な演技のことも含まれているようで「(吉田は)汗をかかないからって、ちょっと大きな声を出してみたりすることがあるんで、厳重に注意しながら、抑えつつやっていこうかな」と苦笑した。

 さらに、報道陣から、多部は大丈夫かと聞かれた長塚は「大丈夫ですよ。多部さんの制御は難しいんですか? このせりふはこういうふうに言ってと頼んだら、すぐやってくれますよ」と返答。これに対し、多部は「この流れなんだろう」とつぶやくと「自分をまた見詰め直します」と苦笑交じりで話し、会場を盛り上げた。

 舞台は6日~30日に、都内、渋谷PARCO劇場ほかで上演。

(前列左から)古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎、(後列左から)長塚圭史、中山祐一朗、石橋けい、葉山奨之

(前列左から)古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎、(後列左から)長塚圭史、中山祐一朗、石橋けい、葉山奨之


芸能ニュース

日本語吹き替え声優を務めた藤原竜也

エメリッヒ監督、藤原竜也に 「カッコいいし顔もいい。ぜひハリウッドに」

映画2016年6月30日

 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のスペシャルイベントが30日、東京都内で行われ、ローランド・エメリッヒ監督と出演者のリアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンロー、そして日本語吹き替え声優を務めた藤原竜也が出 … 続きを読む

自分が体験した旅行の思い出を語る眞鍋かをり

眞鍋かをり、海外旅行で危なかったこと 「日本語を流暢に話す現地人に気をつけて!」

イベント2016年6月30日

 オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」が6月でDeNAグループ加入10周年になることを記念して「DeNAトラベル10(重)大イベント」を30日、東京都内で行い、旅行好きで知られる眞鍋かをりが登壇した。  このイベントにはユーザー4 … 続きを読む

1人目で発言した横山由依

小嶋陽菜、他人事のように「頑張ってね」 島崎遥香は未来の自分に「すごく楽しみ」

イベント2016年6月30日

 映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』プレミア上映会舞台あいさつが6月30日、東京都内で行われ、AKB48から入山杏奈、大和田南那、柏木由紀、木崎ゆりあ、小嶋陽菜、込山榛香、島崎遥香、峯岸みなみ、宮崎美穂、向井地美 … 続きを読む

発表会に登場した小泉孝太郎

小泉孝太郎、“結婚発言”「撤回します」 河北麻友子は出川哲朗と「ラブラブです」

イベント2016年6月30日

 「ライスグラノーラ 新商品発表会」が30日、東京都内で行われ、俳優の小泉孝太郎とタレントで女優の河北麻友子が登場した。  新商品は、国内産米でできたグラノーラで、朝食などに手軽に食べられる。さっそく「朝食はどんなものを食べている?」と聞か … 続きを読む

記者会見に出席した広瀬すず

広瀬すず「この企画、通らなかったら土下座します!」 ティーン向けアプリに見せた熱い思い

ネットカルチャー2016年6月30日

 「Seventeen」の公式スマホアプリ「STchannel(エスティーチャンネル)」の記者会見が30日、東京都内で行われ、Seventeenの専属モデルとして活躍中の広瀬すず、三吉彩花、江野沢愛美、飯豊まりえ、古畑星夏の5人が登壇した。 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top