中村獅童「いつかは主役をやると想像していた」 「松竹花形歌舞伎」は全国16カ所で公演

2011年7月20日 / 13:24
 「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した、主演の中村獅童 (c)KYODONEWS

 「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した、主演の中村獅童 (c)KYODONEWS

 歌舞伎俳優の中村獅童が20日、都内で開かれた「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した。中村は、昨年2月に博多座で初役に挑み、大絶賛をされた新歌舞伎の名作「瞼の母」と、日枝神社の山王祭を題材とした人気歌舞伎舞踊「お祭り」を、秋季巡業として上演する。 全国16都道府県、20会場での公演に挑む中村は「いろいろな土地でお芝居をやらせていただけるのはありがたい。舞台はお客様とつくるもの。その土地、その土地のお客様とつくり出す空気を体感してほしい」と話した。

 また「初めて歌舞伎を見る方は“もしかしたら難しいんじゃないか”と思う人がほとんどだと思う。だけど今回は、言葉の分かりやすい新歌舞伎と舞踊。歌舞伎が初めてという方にもピッタリ」と、アピールした。

 一方、中村は「瞼の母」で生き別れの母を探す忠太郎を演じるが「まぶたを閉じて、母を思う気持ちは感慨深い」と語り「役者というのは、見えないゴールに向かって突っ走って行く職業。僕は子どものころからまぶたを閉じて、いつか主役をやると想像していた」と、今舞台にかける熱い胸のうちを明かした。

 「松竹花形歌舞伎」は11月1日東京・サンパール荒川の東京公演を皮切りに、25日青森で楽日をむかえる。

芸能ニュース

 (左から)鹿島勤監督、小沢和義、高岡早紀、哀川翔、寺島進、小沢仁志、井上正大

高岡早紀「皆さん怖いのは見た目だけ」 寺島進は来年3月に長男誕生

映画2014年10月31日

 東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU-GO』の先行上映舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の哀川翔、高岡早紀、小沢仁志、小沢和義、井上正大、寺島進、鹿島勤監督が出席した。  本作で描かれるのは、悪党25人による25億円 … 続きを読む

 (左から)遠藤憲一、小松菜奈、石井杏奈

遠藤憲一、35年越しの“ご褒美”に大喜び 「ACC CM FESTIVAL」贈賞式 

トレンド2014年10月31日

 国内CM界最大のイベント「2014 54th ACC CM FESTIVAL」贈賞式が31日、東京都内で行われ、演技賞を受賞した遠藤憲一、小松菜奈、石井杏奈が出席した。  “CMにおける優秀な演技”に対して贈られる演技賞を受賞した遠藤は「 … 続きを読む

 最優秀女優賞を受賞した宮沢りえ (C)2014 TIFF

宮沢りえ、東京国際映画祭で最優秀女優賞を受賞 「監督のおかげで手ごわい役を乗り越えられた」

授賞式2014年10月31日

 第27回「東京国際映画祭(TIFF)」のクロージングセレモニーが31日、都内の六本木ヒルズで行われ、吉田大八監督の『紙の月』に主演した宮沢りえが「最優秀女優賞」に選ばれた。  黒地に白の花柄の着物姿で壇上に上がった宮沢は、両手を頬に当て「 … 続きを読む

 (左から)斉藤由貴、長澤まさみ、三谷幸喜氏

長澤まさみ、三谷幸喜の演出で意識変化 「丁寧な積み重ねで生まれる笑いがある」

舞台・ミュージカル2014年10月31日

 パルコ・プロデュース公演「紫式部ダイアリー」の初日開幕直前会見&公開舞台稽古が31日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、斉藤由貴、作・演出の三谷幸喜氏が登壇した。  本作は“現代”を舞台に、「源氏物語」で一躍注目を集めた若手作家・紫式 … 続きを読む

 渋谷の街角に登場した日本エレキテル連合

日本エレキテル連合、“一発屋”を危惧 ハロウィーンイベントで渋谷に登場

トレンド2014年10月31日

 「Lenovo Presents SHIBUYA HALLOWEEN 2014」オープニングPRイベントが31日、東京都内で行われ、日本エレキテル連合が出席した。  イベントは「レノボがあればハロウィンはもっと楽しい!」を合言葉に、渋谷の … 続きを読む

more
page top