富野由悠季」に関連する件の記事

河森正治「マクロスのミンメイは、横浜に引っ越した経験から生まれた」 デビュー40周年記念展で創作の原点を語る

TOPICS2019年5月31日

 河森正治プロデビュー40周年記念展「河森正治EXPO」のプレス内覧会が31日、東京都内で行われ、河森氏本人ほかが登場した。  同展は、アニメ監督・メカニックデザイナーとして、「マクロス」「アクエリオン」「アーマード・コア」シリーズ、『イーハトーブ幻想~・・・続きを読む

第28回東京国際映画祭『ガンダムとその世界』特集上映 富野由悠季&安彦良和のトークショーも

音楽ニュース2015年10月20日

 10月22日より開幕する【第28回東京国際映画祭】において、10月23日~10月30日の期間に新宿ピカデリー&TOHOシネマズ六本木ヒルズでは『ガンダムとその世界』と称した特集上映を開催する。  期間中、“ガンダム”を語る上では欠かせないクリエイター陣を迎えたトークショーの・・・続きを読む

【アニメコラム】 「人生で大事なことは80年代テレビアニメから教わった」後編

コラム2015年7月7日

 前回挙げた「あしたのジョー2」(80~81)は、人気漫画が原作だが、演出(チーフディレクター)を務めた出崎統は、彼の代名詞とも言えるハーモニー(絵画風の静止画)を駆使し、原作にはないエピソードを追加するなど、作家性の強い作品に仕上げた。この他、スポーツ物で・・・続きを読む

【アニメコラム】 「人生で大事なことは80年代テレビアニメから教わった」前編

コラム2015年6月29日

 「燃えたよ、燃え尽きた。まっ白にな…」  1981年8月31日に放送されたテレビアニメ「あしたのジョー2」(80~81)の最終回で主人公・矢吹丈が最後に発した名せりふである。当時、小学生だった筆者の胸に、この言葉は突き刺さった。当時を知る者で、このせりふを覚えてい・・・続きを読む

  • 1

アクセスランキング RANKING

page top