ジュード・ロウ」に関連する件の記事

【映画コラム】新型コロナウイルスの感染拡大の今こそ見たい映画2 「恐怖は、ウイルスより早く感染する」『コンテイジョン』

ほぼ週刊映画コラム2020年4月9日

 前回は、ウイルスの恐怖を描いた『復活の日』(80)と『アウトブレイク』(95)を紹介したが、もう一本、忘れてはならない映画がある。未知のウイルスによる感染症がアメリカで発生し、やがて世界中にまん延していく様子を描いた『コンテイジョン』(11)だ。     ・・・続きを読む

宇垣美里「ジュード・ロウはセクシーさがあふれ出ていた」 東京コミコン2019オープニングイベント

TOPICS2019年11月22日

 世界最大級のポップ・カルチャーイベント、東京コミコン2019のオープニングイベントが22日、千葉市の幕張メッセで行われた。  オープニングイベントでは、今年のアンバサダーの俳優の浅野忠信と、広報部長を務める宇垣美里のほか、海外で活躍する俳優たちが登壇。・・・続きを読む

【インタビュー】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』アリソン・スドル&ダン・フォグラー「クイニーとジェイコブの絆の強さに説得力を持たせようと思いました」

インタビュー2018年11月28日

 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じく魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描く最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開さ・・・続きを読む

【映画コラム】作家と編集者の奇妙な関係とは『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

ほぼ週刊映画コラム2016年10月15日

 1920~30年代のニューヨークを舞台に、『天使よ故郷を見よ』などを残し、37歳でこの世を去った作家トマス・ウルフ(ジュード・ロウ)と彼を支え続けた編集者マックス・パーキンズ(コリン・ファース)の関係を、実話を基に映画化した『ベストセラー 編集者パーキンズに捧・・・続きを読む

ジュード・ロウ、小栗旬とCM共演 「桃太郎」のオニ役「とてもうれしい」

TOPICS2016年8月5日

 小栗旬が主演するCM「ペプシストロング 桃太郎」シリーズ。8日からオンエア開始の「Episode.4」篇にハリウッド俳優のジュード・ロウが宿敵の“オニ”役で登場していることが分かった。 7月4日から全国でオンエアしている「ジュード・ロウ もう一つの理由」・・・続きを読む

小栗旬、ペプシのCM続投を希望するが 「このまま僕はフェードアウトしていくのかな…」

TOPICS2016年6月15日

 「ペプシストロング 5.0GV」新商品・新CM発表会が15日、東京都内で行われ、ブランドキャラクターを務める俳優の小栗旬が登場した。ペプシのブランドCM「桃太郎」シリーズに出演している小栗は、この日は爽やかなブルーのスーツ姿。  新商品のキャッチコピー“・・・続きを読む

  • 1

page top