• コリン・ファレル

コリン・ファレル」に関連する件の記事

『エブエブ』旋風はオスカーにも!? 授賞式直前、第95回アカデミー賞主要6部門の行方は

コラム2023年3月10日

 日本時間の3月13日、映画の祭典、第95回アカデミー賞授賞式がハリウッドで開催される。話題の中心は現在、日本でも公開中の『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(略称『エブエブ』)だ。作品賞をはじめ、最多10部門11ノミネートとなっており、これま・・・続きを読む

“小さな戦争”を描いた寓話『イニシェリン島の精霊』/ビートルズが今も愛される理由とは『ミスタームーンライト 1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢』【映画コラム】

ほぼ週刊映画コラム2023年1月26日

『イニシェリン島の精霊』(1月27日公開)  1923年、本土では内戦が続くアイルランドの小さな孤島イニシェリン。住民全員が顔見知りのこの島で暮らすパードリック(コリン・ファレル)は、ある日突然、長年の友人コルム(ブレンダン・グリーソン)から、一方的に絶・・・続きを読む

SFとファンタジーを通して、家族の形や生と死について描いた『アフター・ヤン』『天間荘の三姉妹』【映画コラム】

ほぼ週刊映画コラム2022年10月21日

『アフター・ヤン』(10月21日公開)  “テクノ”と呼ばれる精巧な家庭用ロボットが一般家庭にまで普及した近未来。茶葉の販売店を営むジェイク(コリン・ファレル)と黒人の妻カイラ(ジョディ・ターナー・スミス)、中国系の養女のミカは幸せな毎日を過ごしていたが・・・続きを読む

知的好奇心を刺激される『林檎とポラロイド』/すさまじい暗さが魅力の『THE BATMAN ザ・バットマン』【映画コラム】

ほぼ週刊映画コラム2022年3月9日

『林檎とポラロイド』(3月11日公開)  冒頭、とある部屋が映り、どすん、どすんという奇妙な音が聴こえ始める。やがて、それは男が自分の頭を柱にぶつけている音だと分かる。そして、ラジオから唐突に「スカボローフェア」が流れてくるというオープニングから、一・・・続きを読む

【映画コラム】緊急事態宣言の中、公開にこぎつけた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『ジェントルメン』

ほぼ週刊映画コラム2021年5月5日

 今回は、緊急事態宣言の中、細々とではあるが、5月7日の公開にこぎつけた映画を2本紹介する。まずは、“もう一つの世界”に迷い込んだ主人公を描いた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。  高校時代に知り合い結婚したラファエル(フランソワ・・・続きを読む

【インタビュー】『ダンボ』コリン・ファレル「これなら自分の子どもたちにも見てもらえると思いました」

インタビュー2019年3月25日

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができるゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離された母親を救うために活躍す・・・続きを読む

西島秀俊「皆さんの期待以上に素晴らしい作品」 ティム・バートン、コリン・ファレルと共に登場

TOPICS2019年3月15日

 映画『ダンボ』ジャパンプレミアが14日、東京都内で行われ、出演者のコリン・ファレル、日本語吹き替え版の声優を務めた西島秀俊、ティム・バートン監督が登壇した。  本作は、ディズニーの名作として知られるアニメーション『ダンボ』を基にしたアドベンチャー映画。・・・続きを読む

カンヌ受賞作『聖なる鹿殺し』、コリン・ファレル×バリー・コーガンのインタビュー映像が公開

音楽ニュース2018年3月6日

 奇才ヨルゴス・ランティモス監督の映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』に出演しているコリン・ファレルとバリー・コーガンのインタビューが公開された。  本作は、今回の【第70回 カンヌ国際映画祭】で同映画祭3度目の受賞となった奇才ヨルゴ・・・続きを読む

コリン・ファレル新作『ロブスター』 45日で恋人が見つからなければ動物に変身!? 衝撃の予告編が公開

音楽ニュース2016年1月5日

 2016年3月5日に公開されるコリン・ファレルの主演作『ロブスター』の予告編がこのほど公開され、衝撃的な内容が明らかになった。  本作は“45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる”という衝撃的なルールが実在する未来を舞台に、コ・・・続きを読む

  • 1
Willfriends

page top