“ガキ使”大みそかは「笑ってはいけない地球防衛軍」  ダウンタウン、来年末は紅白へ!?「嵐がこっちをやればいい」

2013年12月4日 / 18:00

(左から)月亭方正、ダウンタウン、ココリコ

 年末恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の大みそか年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」の記者会見が4日、東京都内で行われ、出演者のダウンタウン、月亭方正、ココリコが出席した。

 8回目となる今年の「笑ってはいけない」は、メンバー全員が“ガースー黒光り地球防衛軍(GDFE)”の新人隊員として研修と称したさまざまな笑いのトラップを受けるというもの。収録は11月中旬に関東某所の学校と富士スピードウェイを借り切って行われた。

 笑ってしまうと尻をたたかれる罰ゲームなど、過酷な長時間ロケを振り返った松本人志は「中盤辺りで僕のお尻が終わりました。終わった音が聞こえました」とポツリ。浜田雅功は「痛いとか眠いとか毎回ありますけど、個人的に辱めみたいなものを受けました。あれは恥ずかしかった」と漏らし、松本も「ああいう浜田は見たくなかった」とうなずいた。

 これまでよりさらにスケールアップしているようで、遠藤章造は「今までなかったテイストが盛り込まれていた。泣かせてくるというか、ストレートに感動させてくるような」と存分に振り回された様子。田中直樹は「浜田さんの顔に似ている生き物は世の中に何種類いるんだろうと思いました。失礼な話ですが本当に面白くて」と振り返った。

 毎回つい笑ってしまう“ウィークポイント”についても、松本が「はっきり言って、浜田の顔です。“笑ってはいけない”の七割は浜田の顔面でできている」と即答。田中も「ポテンシャルがすごい」と同調し、浜田は「ここのスタッフは毎回人の顔で遊ぶのでイラッとします。(出てくる小ネタは自分に)似ているとは思わないです」と笑いつつも反論した。

また、早くも次回の“笑ってはいけない”について話題が及ぶと、松本が「ずっと言っているんですが、なんとかヒット曲を出して紅白に出たい」と及び腰。遠藤が「(NHKホールのある)渋谷に行きたい」、方正も「生放送がいい」と声をそろえた。松本は「いつも言っていますが、嵐がこっちをやればいい。“松潤、アウトー!”でいいんですよ」と驚きの提案をし、浜田も「嵐がやったら視聴率も上がる」と笑わせていた。

 番組は12月31日午後6時30分から日本テレビ系でオンエア。

 


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top