大野智、主演作“死神”役にメンバー大爆笑 桐谷美玲の“暴言”に「たまらん気持ち」

2014年4月13日 / 05:33

 テレビ朝日の連続ドラマ「死神くん」の試写会・制作発表記者会見が11日、東京都内で行われ、出演者の大野智、桐谷美玲、菅田将暉、松重豊が出席した。

 本作は、えんどコイチ氏の同名漫画を1話完結で初ドラマ化。死亡予定者に死を宣告し、魂を霊界に送る新米の死神413号(大野)が、死亡予定者に寄り添いながら「生きることは尊い」というメッセージを伝えていく心温まるブラックファンタジー。

 死神らしく天井からワイヤで降りて登場した大野は、試写を見終えた約500人のファンに向けて「はじめまして。死神役の大野智です」とあいさつ。「スタジオでもロケでも飛ばせてもらっていまして、快適です。空を飛ぶ仕事は久々でライブぶり」と明かした。

 大野は「ここ何年かは非常に人間離れした役が多く今回は死神役。昔はこういった役もなかったので、人間ではない役を非常に楽しんでやれています」と語った。

 「なぜ人間離れした役が多いのか」と問われると「なんででしょう。人間ぽくないんじゃないですか? 死神くんと聞いたときはちょっと笑いました」と苦笑交じりに語った。

 また、昨年メンバーに話した際には「大爆笑されました。松本潤だけは『どんな内容なの? それで?』と食い付いてくれて、すごくうれしかったです」と笑顔で振り返った。

 一方、大野演じる死神くんの監視役のカラスを演じる桐谷は「大野さんを指導する役で、かなり汚い言葉で罵倒するシーンもたくさんある」と笑顔を見せ「“カス”や“クズ”など、普段なかなか言う機会がないので、思い切り楽しんでやろうと思っています」と笑わせた。

 大野は桐谷とのやりとりについて「どこに行っても“カスだ”“クソだ”と言われ、非常にたまらん気持ちになっています。なかなか言われることがなかったので、新鮮でドキッとします」と語り、こちらも笑いを誘った。

 「もし死神に死を宣告されたら残りの日々で何をしたいか」と問われた大野は「時間もそんなにないので、家にいて動かないです。動くと転ぶかもしれないので、死ぬようなことがない所で過ごす。椅子に座って、さあ来いと。ここから俺はどういなくなるのかということの方に興味があります。残り1時間は寝ます」と落ち着き払って答えた。

 ファンから「死神として最後まで寄り添ってもらいたい人」を聞かれると「嵐のメンバー。死神くんの格好をした死神4人だと、非常に守られている感がありますよね」と答えた。

 さらにメンバーに死を告げる際の順番を問われると「最初は櫻井翔。(十分)生きただろうということで、宣告は年齢順でお願いします。メンバーが見ていて後で無視されても困るので」と言葉を選びながら回答した。

 最後に大野は、これまで命について考えさせられた出来事について「趣味が釣りで、釣った魚を食べるときに『ちゃんと残さず食べないといけないな』と魚の命について考えます」としみじみ語った。

 ドラマは18日午後11時15分からオンエア。


芸能ニュースNEWS

新メンノンモデル、沢村一樹の長男・野村大貴らを選出 成田凌、沢尻エリカ逮捕の質問にはノーコメント

イベント2019年11月18日

 「第34回 新メンズノンノモデル発表式」が18日、東京都内で行われ、俳優でメンズノンノモデルの成田凌、清原翔、宮沢氷魚、鈴木仁ほかが登場した。  これまで、田辺誠一、東出昌大、坂口健太郎を輩出するなど、人気俳優の登竜門となっている雑誌『メ … 続きを読む

大和田伸也、神様役は「清らかな心で臨んだ」 仕事のモットーは「面白いことを一生懸命やる」

トレンド2019年11月18日

 「聴くドラマ聖書」アプリ記者発表会が18日、東京都内で行われ、収録に参加した俳優の大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士、六平直政が出席した。 続きを読む

本田礼生「クリスマスを感じる理想のエンタメ」 THE CONVOY SHOW「ONE!」

舞台・ミュージカル2019年11月18日

 12月14日から上演されるTHE CONVOY SHOW vol.38「ONE!」に出演する本田礼生、加藤良輔、高橋駿一が公演への思いを語った。  本作は、昨年上演された「THE CONVOY SHOW vol.36「ONE!」の再演。主 … 続きを読む

土村芳「私は何人の女性を敵に回しているんだろう」 深田晃司監督の連続ドラマで難役に挑戦

映画2019年11月18日

 ドラマ「本気のしるし」のクラウドファンディングのコレクター向け上映イベントが16日、東京都内で行われ、ヒロインの葉山浮世を演じている土村芳と深田晃司監督が上映後にトークショーを行った。  本作は、『淵に立つ』(16)、『よこがお』(19) … 続きを読む

ウサイン・ボルト「東京五輪をファンとして楽しみたい」 「常にベストを尽くし、ビジネスの世界でも成功を」

トレンド2019年11月15日

 陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏が、創始者の一人であり、ブランド・アンバサダーも務める「BOLT Mobility」の「日本ローンチ発表会」が15日、東京都内で行われ、ボルト氏本人が出席した。 続きを読む

page top