“最悪の王妃”イザボーの生涯を描く日本オリジナル作品 ミュージカル『イザボー』 WOWOWで4月に放送・配信決定

2024年2月14日 / 10:45

 WOWOWでは、今年1月に東京・東京建物Brillia HALL、2月に大阪・オリックス劇場にて上演されたミュージカル『イザボー』を4月に放送・配信することを決定した。

 ミュージカル『イザボー』は、ワタナベエンターテインメントと劇作家の末満健一氏がタッグを組むプロジェクト「MOJOプロジェクト -Musicals of Japan Origin project-」の第1弾。

 本作は、フランス百年戦争の時代。陰謀渦巻くフランス王朝で、愛と衝動のままに生きたフランスの“最悪の王妃”イザボー・ド・バヴィエールの生きざまが描かれる、日本初のオリジナルミュージカル。

 作・演出は、舞台『刀剣乱舞』などをはじめ、舞台界のトップヒットメーカーの末満健一氏。

 タイトルロールのイザボーを演じるのは、宝塚歌劇団で雪組トップスターとして活躍し、退団後も読売演劇大賞や菊田一夫賞などの演劇賞を受賞し、いま最も勢いのある女優のひとり、望海風斗。望海とともに舞台を彩る共演者は、甲斐翔真、上原理生、中河内雅貴、上川一哉、那須凜、石井一孝など日本ミュージカル界が誇る実力派キャストが名を連ねる。

 この冬の話題作にして、連日大盛況の日本発オリジナルミュージカルが早くもWOWOWに登場する。

 映像を通じて、舞台上の細やかな演出や美術、キャストの鮮明な表情をぜひ堪能してほしい。さらに番組では、望海と甲斐の貴重なインタビューも収録。本編では語られない裏話や、本作に込めた思いなどを届けるとともに、ミュージカル界をけん引する2人の、舞台上では見ることができないシーンもお楽しみに。

 放送・配信は4月予定。詳細は番組HPへ。

(左から)望海風斗、甲斐翔真 撮影:岩田えり


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top