人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」がついにファイナル! オーディション番組の魅力に迫る

2023年11月30日 / 15:39

(C)PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS

 モーニング娘。やAKB48といった日本のアイドルだけでなく、BTSやBLACKPINKのような韓国発のアイドルも世界的な人気を博し、今はまさに「アイドル戦国時代」。そんなアイドル市場において、現在、グループがデビューするまで切磋琢磨(せっさたくま)し成長していく姿を配信するサバイバルオーディション番組(以下、「オーディション番組」)がカテゴリーとして確立されている。かつて人気を博したIZ*ONEや今や大人気グループのNiziU、JO1、INIもこうしたオーディション番組から生まれたグループだ。そこで、今回はそんなアイドル市場の一翼を担う、オーディション番組を紹介する。

 日本において「アイドルを推す」こと自体は決して珍しいことではない。これまでもおニャン子クラブから始まり、モーニング娘。やAKB48など、一世を風靡(ふうび)したアイドルは数多く存在する。しかし、オーディション番組から誕生するアイドルは、これまでのアイドルとはまた違った魅力を放つ。その違いはどこにあるのだろうか?

 まず、番組を通して応援したり、投票するという体験が、「自分がデビューさせたアイドル」という意識を持たせ、特別感を生んでいる。それはオーディション番組の醍醐味でもあり、この「特別感」がファンを熱狂させる重要なポイントの一つだ。

 加えて、オーディション番組では、アイドルになるための努力や苦労、葛藤など普段は見られないアイドルの裏側やドラマを見ることができる。時には、練習生同士がぶつかり合う姿が放送されることも。これまでアイドルは辛さや苦しみを外に見せず、常にポジティブな面だけを見せることでファンを元気づける存在であるというのが通例だったが、同じ人間として、アイドルを本気で目指す姿にファンの心は揺さぶられ、熱狂するのだ。

 そして、番組を彩る個性豊かな審査員による厳しくも温かい名言もファンの心を動かす。NiziUが誕生した人気オーディション番組「Nizi Project」では、練習生もさることながら、審査員のパク・ジニョン氏の発言が度々話題になり、大いに盛り上がった。さまざまな経験をしてきた審査員から生まれる名言・名シーンは、芸能人でなくてもうなずける部分が多く、視聴者の心に響くのだ。

 そうしたオーディション番組の中で、圧倒的な人気を誇るのが、JO1やINIを生み出した「PRODUCE 101」だ。全国各地から集まった101人の練習生たちが、世界に羽ばたくグループとして生まれ変わるためのトレーニングやテストを経て成長していく姿を見せる番組だ。激しい競争の中、困難に挑み、挫折を乗り越えながら、国民プロデューサーによる投票で勝ち残ったメンバーだけがデビューの夢をつかむことができる。

 この番組が高い支持を集めるのは、やはり“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者が決定するというシステムが取り入れられていることも理由の一つ。番組を通してデビューしたグループは、配信当時のみならず、現在もグローバルな活躍を続けている。

 そして、現在、シーズン1「JO1」とシーズン2「INI」に続く第3弾として「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」が配信中だ。通称「日プ女子」「日プガールズ」と呼ばれるこの番組は、PRODUCE 101史上初のガールズグループオーディションを実施。オーディションの総応募者数は約1万4千人と番組史上過去最多となっている。

 X(旧ツイッター)では8月下旬の情報解禁から約1カ月で16万件もの投稿があり、配信前から大盛り上がりを見せていた同番組。10月5日に#1を配信すると、5日間で「日プ」投稿が6万件を突破。配信を重ねるごとに投稿数も増加するなど、大きな話題を呼んでいる。

 11月23日には、第2回順位発表式が行われ、次ステージに進出する35位までの練習生がついに発表された。そして現在、12月16日の「ファイナル(最終回)」に向けて激しい競争が続いている。「ファイナル」の様子は、12月16日14時からTBS系列にて生放送されるため、ぜひその様子をリアルタイムで楽しんでもらいたい。

 また、これまでの同番組はドコモの新しい映像配信サービス「Lemino」で独占配信中だ。無料コンテンツ(広告付き)のほか、月額990円(税込み)の「Leminoプレミアム」ではさらに充実のラインアップを楽しめる。「Lemino プレミアム」を初めて契約した場合、初回初月無料で利用できる。さらに、「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」101人のプロフィール動画、練習生たちによる「パクパク早食い対決」も無料配信中なので、併せて見るとより番組を楽しめることだろう。


芸能ニュースNEWS

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

「君が心をくれたから」ついに“太陽”山田裕貴が奇跡の真実を知る  「『触覚は幸せを確かめるもの』って、納得した」

ドラマ2024年2月20日

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第7話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから … 続きを読む

「春になったら」“岸”深澤辰哉の“瞳”奈緒への優しさに反響集まる  「岸くんがいい男過ぎる」「絶対に好きになっちゃう」

ドラマ2024年2月20日

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬま … 続きを読む

Willfriends

page top