「silent」“奈々”夏帆と“正輝”風間俊介との出会いのエピソードに反響 「春尾先生が『奈々』と呼び掛けるシーンで涙が出た」

2022年12月2日 / 11:46

「silent」 (C)フジテレビ

 川口春奈が主演するドラマ「silent」(フジテレビ系)の第8話が1日に放送された。

 本作は、主人公の青羽紬(川口)が、本気で愛しながらも別れることになった元恋人の佐倉想(目黒蓮)と、音のない世界で再び“出会い直す”、切なくも温かいラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 想は紬に、声が出せないわけではないが、自分で感じ取れないことへの怖さがあることを伝え、紬はそれを受け入れる。

 しかし、2人の距離が縮まるほどに、想は自分と一緒にいるのが大変なのではないかと紬を気遣うようになり、紬は否定するものの、なかなか思いが伝わらない。

 一方、桃野奈々(夏帆)は春尾正輝(風間俊介)との再会を果たす。奈々は正輝に「紬と想を見ていたら春尾くんのことを思い出して」と告げる。

 そんな中、紬は実家がある群馬に帰り、母・和泉(森口瑤子)に想のことを話そうとするが…。

 今回は、正輝が学生時代に就職活動に有利という理由で始めた、ろう者のためのボランティアを通して、奈々と出会ったときのエピソードが描かれた。

 放送終了後、SNS上には、「風間さんと夏帆さんの演技が圧巻だった。夏帆さんのかわいらしい素振りと、怒りを爆発させる手話と表情がすごかった」「春尾先生が『奈々』と呼び掛けるシーンの2人の演技が秀逸で涙が出た」「夏帆ちゃんが演じる奈々が輝き過ぎていて、私の中では、もはや主役」「『ありがとう』って使いまわしていいの? という奈々の言葉が響いた。2人にも幸せになってほしい」などの反響が集まった。

 このほか、「紬ママがすごくすてきだった。でも、想ママ(篠原涼子)の気持ちもよく分かる」「『silent』を見てゼリーの手話は何なんだろうと思って調べちゃった」「あと数回で最終回になってしまうのがつら過ぎる。みんなの幸せを願っています」といった声も投稿された。

「silent」(C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top