令和版「東京ラブストーリー」“さとみ”石井杏奈の電話トラップ発動に反響 「『愛されたい』のクロスカウンターでみんなボコボコ」

2021年11月17日 / 07:34

「東京ラブストーリー」第6話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の6話「繋がる思い、離れる心」が、16日深夜に放送された。

 本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービス「FOD」などで配信したものを地上波で初放送している。(以下、ネタバレあり)

 カンチ(伊藤)はリカ(石橋静河)に、もうすぐ誕生日だと伝えるが、「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてモヤモヤしていた。

 そんな中、盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いに行ったカンチは、さとみと三上(清原翔)が一緒に暮らすことを決めたと聞く。

 ところが、三上と一緒に暮らし始めたさとみは、三上の洗濯物からホテルのレシートを見つけ、浮気に気付いて家を出る。

 一方、誕生日を一緒に過ごすため、リカが待つ自宅へ向かうカンチだったが、リカから「仕事で遅くなる」とうその電話が入り、落胆。

 そのとき、傷心のさとみから電話が入り、カンチは心配のあまりさとみのもとへ向かうが…。

 放送終了後、SNS上には、「リカがこんなうそをつかなければ」「あー来てしまった、さとみからの電話」「このまま帰って!カンチ!」「『愛されたい』のクロスカウンターでみんなボコボコ」など、すれ違う4人についての反響が寄せられた。

 また、脚本担当の北川亜矢子氏が公式Twitterで、「最初はドラマ的なせりふを一切排除して書いてたんだけど、『せりふが自然過ぎて全部流れてしまう』と指摘を受け、『ほんまそうやな』と今の感じになった」「やはりドラマにはドラマ的なせりふやシーンが必要だと思う」とツイートしたことにも反響が集まった。

「東京ラブストーリー」第6話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top