市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

2019年1月18日 / 15:39

観葉植物などで飾られた市原悦子さんの祭壇

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れを告げた。

 祭壇は「森」をイメージし、さまざまな種類の観葉植物で緑に彩られた。ひつぎには写真集や著書、市原さんが使用していた眼鏡など、ゆかりの品が納められた。

 式の冒頭では、市原さんの出演作品をまとめたVTRが約10分にわたって上映され、市原さんの初主演映画『蕨野行』を手掛けた恩地日出夫監督が弔辞を読んだ。

 「初めて市原悦子を見たのは1957年封切りの『雪国』という映画。衣装合わせをしている悦っちゃんを、助監督になりたての僕が見たのが始まりでした。太った芸者役でワンシーンだけの出番。原節子さんをはじめ、美人女優ばかりの東宝撮影所に、いささか食傷気味だった私は“こういう人も女優さんでいるんだ”と思った。その話を後年すると、『どうせ私は不美人ですよ』と笑っていたけど、今から思うと結構失礼なことを言ってたんだなと思います」と懐かしそうに振り返った。

 恩地監督は、共に多くの仕事をしてきたとし、「特に新人の役者を主役で使いたいと思ったときに、いつも相手役に市原さんがいてくれた。おかげで何とかなった。例えば、泉谷しげるは『戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件』(1979年のテレビドラマ)で初めて芝居をしたんですが、そのときも、相手に市原さんが決まっていなければ、彼を使う勇気はなかったと思います」と明かした。

 最後に「いつも“悦っちゃんが何とかしてくれるだろう”と、甘ったれた気持ちで仕事をしてこれた。本当に長い間付き合ってくれてありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top