市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

2019年1月18日 / 15:39

観葉植物などで飾られた市原悦子さんの祭壇

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れを告げた。

 祭壇は「森」をイメージし、さまざまな種類の観葉植物で緑に彩られた。ひつぎには写真集や著書、市原さんが使用していた眼鏡など、ゆかりの品が納められた。

 式の冒頭では、市原さんの出演作品をまとめたVTRが約10分にわたって上映され、市原さんの初主演映画『蕨野行』を手掛けた恩地日出夫監督が弔辞を読んだ。

 「初めて市原悦子を見たのは1957年封切りの『雪国』という映画。衣装合わせをしている悦っちゃんを、助監督になりたての僕が見たのが始まりでした。太った芸者役でワンシーンだけの出番。原節子さんをはじめ、美人女優ばかりの東宝撮影所に、いささか食傷気味だった私は“こういう人も女優さんでいるんだ”と思った。その話を後年すると、『どうせ私は不美人ですよ』と笑っていたけど、今から思うと結構失礼なことを言ってたんだなと思います」と懐かしそうに振り返った。

 恩地監督は、共に多くの仕事をしてきたとし、「特に新人の役者を主役で使いたいと思ったときに、いつも相手役に市原さんがいてくれた。おかげで何とかなった。例えば、泉谷しげるは『戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件』(1979年のテレビドラマ)で初めて芝居をしたんですが、そのときも、相手に市原さんが決まっていなければ、彼を使う勇気はなかったと思います」と明かした。

 最後に「いつも“悦っちゃんが何とかしてくれるだろう”と、甘ったれた気持ちで仕事をしてこれた。本当に長い間付き合ってくれてありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。


芸能ニュースNEWS

「M 愛すべき人がいて」最終回 「やっぱりあゆの曲は神」の声

ドラマ2020年7月5日

 安斉かれんと三浦翔平がW主演する土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第7話が4日に放送された。  本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生に秘められた出会いと別れを描く物語。最終回となる第7話では、スターへの階段を駆け上がるア … 続きを読む

「未満警察」中島健人&平野紫耀の本格アクションに絶賛 “裸”シーン定番化の声も

ドラマ2020年7月5日

 Sexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀がW主演するドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系)の第2話が4日に放送された。  本作は、警察学校を舞台に、理論派の本間快(中島)と体力派の一ノ瀬次郎(平 … 続きを読む

山里亮太、妻・蒼井優のラブシーンを「一緒に見た」 中居正広「僕は女優さんとは付き合えない」

テレビ2020年7月4日

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、3日放送のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル」(TBS系)にゲストとして出演した。  番組では、山里のデビューから現在に至るまでの軌跡を、約20年分のお宝映像とともに … 続きを読む

有吉弘行、渡部不倫で「見る目あったのは俺とかおぎやはぎ」 田中みな実ブレークは予想できず

テレビ2020年7月4日

 有吉弘行、田中みな実、みちょぱほかが、3日放送のバラエティー番組「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」(TBS系)に出演した。  2012年の放送開始から8年の「有吉ジャポン」が、世の中のいろいろな物事をジロジロ観察し、“人を見る目”を鍛えて … 続きを読む

佐藤浩市、自粛後の仕事に感慨を覚える 「自分が何者なのかを再確認できた」

映画2020年7月3日

 映画『銃2020』完成発表記者会見が2日、東京都内で行われ、出演者の日南響子、加藤雅也、佐藤浩市と武正晴監督ほかが出席した。  本作は、作家・中村文則氏のデビュー作を映画化した『銃』(18)を、企画・製作の奥山和由氏の着想により、新たな視 … 続きを読む

page top