大島優子、語学留学の成果語る 英語の演出指導「6~7割くらい理解」

2019年1月9日 / 11:15

(左から)勝村政信、大島優子、三浦春馬、麻実れい

 舞台「罪と罰」初日前会見が8日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、大島優子、麻実れい、勝村政信が出席した。

 本作は、ロシア文学の同名小説を英国人演出家フィリップ・ブリーンが舞台化。帝政ロシアを舞台に、“正義”のためなら人を殺す権利があると考える青年・ラスコーリニコフの罪や心情の変化を描く。

 ラスコーリニコフ役の三浦は、人をあやめる役どころに初挑戦。「正義のためとはいえ、一つの命をなくすお芝居は経験したことがなかったので、誠心誠意向き合っていかなければと感じていました。稽古終わりには、このまま自分が消えていくのではないかというような消耗を感じていました」と振り返った。

 ラスコーリニコフと心を通わす娼婦、ソーニャを演じる大島は、語学留学後初の舞台出演。フィリップ氏とのやりとりについて「半分くらい、いや、6~7割くらい、本人の口から演出を受けて理解できるようになったことは、自分にとってもいい経験になったと思います」とコメント。役柄については「極貧生活かつ娼婦という生活で傷だらけですけど、自分の体や心を殺しても自分が信じるものがあり、強く前に生きようとする女性。これだけ信じることがあるというのは人間を強くするんだと、演じながら感じました」と話した。

 三浦と大島は初共演。互いの印象を聞かれると、三浦は「稽古中、なかなかうまくできず彼女は感極まってしまったことがあり、真っすぐに向き合う方なんだと思いました」。大島は「どうやって進めばいいのだろうと立ち止まっていました。その時に三浦さんが『一緒に頑張ろう。味方だよ』と書いてくれたメモを渡してくれました。三浦さんは、やることがたくさんある中でもみんなのことをしっかり見てくれていたので、頼れるし、信じて千秋楽までやろうと思わせていただきました」と笑顔で話した。

 舞台は9日から2月1日まで、東京・Bunkamura シアターコクーンで上演。


芸能ニュースNEWS

東京女子流「ずんだ」のアロエヨーグルトを試食 “考案者“新井ひとみ「すごくおいしい!」

トレンド2019年1月19日

 「森永アロエヨーグルト 天下一フレーバー限定試食会」が19日、東京都内で行われ、東京女子流(山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生)が登場した。 続きを読む

瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

ドラマ2019年1月19日

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。  藤沢周平原作の本作は、とある謎めい … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉に悪役を提案 「いい人じゃ駄目。とことん悪くないと」

映画2019年1月19日

 映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。  本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田(木村)と、彼 … 続きを読む

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top