西島秀俊「気球のシーンは結構恐かった」 「前腕がすごい」と濱田マリの意外な一面を暴露

2018年10月27日 / 15:05

カリスマ上司を演じた西島秀俊

 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の公開記念舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の波瑠、西島秀俊、岡山天音、深水元基、濱田マリと波多野貴文監督が登壇した。

 本作は、憧れの会社に入社したものの、田舎の遊園地に配属され、ふてくされていた主人公(波瑠)が、“魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司(西島)と出会い、仕事をする楽しさに目覚めていく姿を描く。

 波瑠は「クランクアップが去年の10月。やっと公開の日を迎えられたことをうれしく思います」と感慨深げに語り「新社会人の方も、何年も働いて上司の立場の方も、この映画を見て“楽しく仕事をしたいな”と思ってもらえたら」とアピールした。

 西島は「座長の波瑠ちゃんを中心にチームとしてまとまり、素晴らしい現場で撮影できました。とてもすてきな作品なので、ちょっと仕事に疲れたときや、仕事と恋愛のバランスに悩んだりしたら、ぜひ劇場に足を運んでください」と呼び掛けた。

 また、劇中では気球に乗るシーンがあった西島は、撮影を振り返り「上り出したらフワッと急に上がったりするので、結構恐かったです」と回想。

 「自然のところだと、動物たちが下を走ってたりしてとても気持ちが良さそうです。ただ僕は上ってすぐ降ろされて、またちょっと上って降ろされて…を繰り返していたので、あまりその楽しさは味わえませんでしたが…」と苦笑交じりに振り返った。

 さらに西島は「長袖を着ていて分からないと思いますが、濵田さんはボルダリングをやっていて前腕がすごいんです」と濵田の意外な一面を暴露。濵田が「ここで言うことか…」と絶句し、笑いを誘った。

(左から)濱田マリ、岡山天音、波瑠、西島秀俊、深水元基、波多野貴文監督


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top