宮野真守「歴史的瞬間に立ち会えた」 『はいからさんが通る』結末までを初アニメ化

2018年10月20日 / 16:10

(左から)櫻井孝宏、早見沙織、宮野真守、坂本真綾

 『劇場版 はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~』の舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優の早見沙織、宮野真守、櫻井孝宏、坂本真綾が出席した。

 本作は、大和和紀氏の人気漫画『はいからさんが通る』を映画化した劇場版アニメ2部作の後編。まだ女性が恋も仕事も自由に選べなかった時代、女学生の花村紅緒(早見)は、祖父母の代から決められていた、いいなずけの伊集院忍少尉(宮野)と出会い、心の底から引かれ合うようになるが…。

 原作のストーリーを初めてラストまでアニメ化した本作。宮野は「歴史的瞬間に立ち会えたのが幸せ。まさに不朽の名作。色あせない。当時の価値観も、逆に今見るからこそ感じられるものがある。現代とは違う価値観でも、普遍的な物語のメッセージがあるからこそずっと感動していられるし、好きでいられるんだな…と改めて感じました」と熱い思いを語った。

 早見は、試写を見た感想として「あの原作が最後まで描かれているということに、感慨が一番大きかったです」とコメント。さまざまな苦境に立ち向かう紅緒について「自分の手ではどうにもできないことがたくさん起こる。それでも立ち上がって生きていく人たちの姿がそこにある」とし、紅緒の“酔っぱらいシーン”にちなんで「お酒を飲んで、楽しく生きていこう!」と明るい声でアピールした。

 ロシアからの亡命貴族の妻ラリサは、後編からの登場となった。演じた坂本は「皆さんからしたら『誰だ、おまえ?』みたいなキャラで、嫌われるかな…?とも思いましたが、ラリサは古典的な価値観の中で育ってきた女性。彼女も過酷な運命に見舞われながら、その中で自分の幸せを追い求め、闘った女性なのかな…と理解して、私なりに愛しながら演じました」と語った。


芸能ニュースNEWS

崎山つばさ、舞台初主演で「テンション上がりすぎた」 ゲネプロで負傷アクシデント

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 舞台「幕末太陽傳 外伝」の公開ゲネプロおよび囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、入江甚儀、中野あいみ、武藤十夢、愛原実花、柳亭小痴楽ほかが出席した。  本作は、日活クラシック映画を代表する故・川島雄三監督の生誕百年記念 … 続きを読む

永瀬廉、「もっと演技を勉強したい」 初主演映画ようやくお披露目

映画2019年4月19日

 映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、King & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太ほかの出演者たちと、久万真路監督が登壇した。  本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公・花穎(永瀬)と、仏頂面 … 続きを読む

アンガ田中「みちょぱと“令和初の芸能人結婚”を」 みちょぱ全否定「田中さんに愛はない」

トレンド2019年4月18日

 Netflix「GWスペシャルイベント ~美しきサボりのススメ~」が18日、東京都内で行われ、モデルでタレントの池田美優(みちょぱ)、アンガールズの田中卓志と山根良顕が“部屋着”姿で登場した。 続きを読む

“12代目ゼクシィガール”に女優・白石聖 大先輩・泉ピン子が“男の見極め方”指南

トレンド2019年4月18日

 結婚情報誌『ゼクシィ』の新CM発表会が18日、東京都内で行われ、12代目CMガールに抜てきされた白石聖が出席した。 続きを読む

生田絵梨花、「飛鳥先輩に小突かれました」 CM撮影でのNGを反省

トレンド2019年4月18日

 フルーツ炭酸飲料「ファンタ」の新キャンペーン「ファンタ坂学園」のPRイベントが17日、東京都内で行われ、新イメージキャラクターに起用された乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希が出席。お笑いコンビのメイプル超合金もイベントを盛り上げる“判定員”として駆け付けた。 続きを読む

page top