宮野真守「歴史的瞬間に立ち会えた」 『はいからさんが通る』結末までを初アニメ化

2018年10月20日 / 16:10

(左から)櫻井孝宏、早見沙織、宮野真守、坂本真綾

 『劇場版 はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~』の舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優の早見沙織、宮野真守、櫻井孝宏、坂本真綾が出席した。

 本作は、大和和紀氏の人気漫画『はいからさんが通る』を映画化した劇場版アニメ2部作の後編。まだ女性が恋も仕事も自由に選べなかった時代、女学生の花村紅緒(早見)は、祖父母の代から決められていた、いいなずけの伊集院忍少尉(宮野)と出会い、心の底から引かれ合うようになるが…。

 原作のストーリーを初めてラストまでアニメ化した本作。宮野は「歴史的瞬間に立ち会えたのが幸せ。まさに不朽の名作。色あせない。当時の価値観も、逆に今見るからこそ感じられるものがある。現代とは違う価値観でも、普遍的な物語のメッセージがあるからこそずっと感動していられるし、好きでいられるんだな…と改めて感じました」と熱い思いを語った。

 早見は、試写を見た感想として「あの原作が最後まで描かれているということに、感慨が一番大きかったです」とコメント。さまざまな苦境に立ち向かう紅緒について「自分の手ではどうにもできないことがたくさん起こる。それでも立ち上がって生きていく人たちの姿がそこにある」とし、紅緒の“酔っぱらいシーン”にちなんで「お酒を飲んで、楽しく生きていこう!」と明るい声でアピールした。

 ロシアからの亡命貴族の妻ラリサは、後編からの登場となった。演じた坂本は「皆さんからしたら『誰だ、おまえ?』みたいなキャラで、嫌われるかな…?とも思いましたが、ラリサは古典的な価値観の中で育ってきた女性。彼女も過酷な運命に見舞われながら、その中で自分の幸せを追い求め、闘った女性なのかな…と理解して、私なりに愛しながら演じました」と語った。


芸能ニュースNEWS

高橋一生「僕は相河一輝に限りなく近い」 主演ドラマのSPイベントは「とても楽しみ」

イベント2018年11月19日

 スペシャルイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が19日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、児嶋一哉(アンジャッシュ)、矢作穂香、北香那、戸田恵子ほかが登場した。  イベントは、生き物の“フシギ”が大好きな大学講師・ … 続きを読む

チョコレートプラネットが休養よしこの様子を明かす 長田「結構あっけらかんとしていました」

トレンド2018年11月19日

 「ソフトバンクロボティクス/ソフトバンク新製品発表会」が19日、東京都内で行われ、女優でモデルの河北麻友子、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が出席した。 続きを読む

乃木坂46・若月佑美、卒業前最後の舞台 「ついにこの日が来たか!」

舞台・ミュージカル2018年11月19日

 舞台「鉄コン筋クリート」の囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者で乃木坂46の若月佑美、三戸なつめほかが登壇した。  本作は、松本大洋氏の同名コミックを舞台化したもので、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街に暮らす少年シロとクロが互 … 続きを読む

山崎努、樹木希林さんとの共演を回顧 「現場ではものすごく元気で…」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、映画『モリのいる場所』に出演した俳優の山崎努が登壇した。  本作は、30年間一歩も家の外へ出ることなく、庭の生命を見つめ、描きつづけた伝説の画家・熊谷守一(通称モリ)の生涯を描 … 続きを読む

吉沢亮、最優秀新進男優を受賞 「映画を中心にやっていきたい」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀新進男優賞を受賞した吉沢亮ほかが登壇した。  『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ママレード・ボーイ』などの演技が認められ、受賞となっ … 続きを読む

page top