中川翔子、舞台ヒロインに全力投球 「今までのように勢いだけではいけない」

2018年1月12日 / 10:05

舞台への強い意気込みを語った中川翔子

 Japanese Musical「戯伝写楽 2018」の本番直前会見が11日、東京都内で行われ、出演者の橋本さとし、中川翔子、小西遼生、壮一帆が出席した。

 「写楽は女だった!?」という発想のもと、2010年に初演された日本オリジナルミュージカル「戯伝写楽」を、装い新たに上演。わずか10カ月の間に145点余の作品を残し、突然姿を消した浮世絵師・東洲斎写楽の謎に迫りながら、当時の芸術家たちの人間模様を描く。

 とにかく絵を描くことが大好きなヒロイン・おせいを演じる中川は、「そうそうたる舞台のスターの皆さんが集う中でヒロインをやらせていただくことは、人生最大の挑戦、難易度。これが人生のターニングポイントです」などと興奮気味に語った。さらに、「30代はスキルがあってこそ。ここからは淘汰(とうた)されていくので、今までのように勢いだけではいけない。この舞台でおせいを深く演じられるかどうかが今後にかかっている。本当に必死です」とぶっちゃけ、笑いを誘った。

 主役・斎藤十郎兵衛を演じる橋本は、中川の印象を聞かれると「とても正直で真っすぐな芝居をされる方。こちらが何かを投げればパッと応えてくれる」と絶賛。「すごく難しい役なのですが、日本でおせいはこの子しかいない。一緒にできてよかった」と笑顔を見せた。対する中川も「私にとって、橋本さとしさんは伝説の男。舞台の世界、声のお仕事で“橋本さとし”という名前があるだけで“大丈夫だ”と安心できる説得力とすごみのある人。“どんな人なんだ!”とずっと思っていた」と熱い思いを吐露。これには橋本も「それ、もう都市伝説やん」と苦笑いだった。

 一方、花魁・浮雲役の壮は、「さとしさんがしょこたん(中川)の前だとめちゃめちゃ優しい。さとしさんとは3回目の共演ですが、こんなデレデレしているさとしさんを見たのは初めて」と暴露。橋本が照れながらその事実を認めると、中川も「えー!?」と恥ずかしそうに笑っていた。

 舞台は1月12日~28日、都内の東京芸術劇場プレイハウスを皮切りに、福岡、愛知、兵庫で上演予定。

(左から)壮一帆、中川翔子、橋本さとし、小西遼生


芸能ニュースNEWS

宮崎あおい、結婚祝福の声に笑顔 「着物の着付けを改めて学びたい」

トレンド2018年1月16日

 「マイナビ転職」新CM発表会「“賛成!あたらしい生き方”応援式」が16日、東京都内で行われ、女優の宮崎あおいが出席した。 続きを読む

舞台「幕張の女」が開演 3本立てのオムニバス

舞台・ミュージカル2018年1月16日

 演劇ユニット「ジグジグ」によるオムニバス公演「幕張の女」が17日から、東京都内の上野ストアハウスで行われる。  旗揚げ以来、1000人規模の動員を続ける「ジグジグ」の公演第4弾は、3本立てのオムニバス。作・演出は堤泰之氏が担当している。 … 続きを読む

染谷将太「撮影は夢のような時間」 高野山東京別院でのヒット祈願に「興奮で鳥肌が立った」

映画2018年1月15日

 日中共同製作映画『空海―KU―KAI―美しき王妃の謎』の完成報告と大ヒット祈願が15日、東京都内で行われ、出演者の染谷将太、阿部寛、チャン・ロンロン、松坂慶子、火野正平、原作者の夢枕獏氏、チェン・カイコー監督が出席した。  この日、会場と … 続きを読む

西田敏行「ライバルは役所広司と村上虹郎」 4度目の優秀助演男優賞で「最優秀、取りたい」

映画2018年1月15日

 「第41回 日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、東京都内で行われ、3月2日の授賞式で司会を務める俳優の西田敏行と女優の宮沢りえが会見した。  5年連続8度目の司会となる西田は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞も受賞した。こち … 続きを読む

竹内涼真、インフルエンザ後の体調は「完璧です」 “リフティング連続38回”の腕前を披露

トレンド2018年1月15日

 「ソフトバンク 新サービス記者発表会」が15日、東京都内で行われ、同社の新CMに出演する竹内涼真、生瀬勝久、壇蜜、志尊淳が登場した。 続きを読む

page top