AKIRA、“三船敏郎愛”をさく裂 「語りだすと止まらなくなってしまう」

2017年10月18日 / 18:00

三船史郎氏(左)とAKIRA

 「世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎映画デビュー70周年記念展」記者発表会が18日、東京都内で行われ、“三船ファン”を公言するEXILE AKIRA、三船敏郎の長男で三船プロダクション代表取締役社長の三船史郎氏が登壇した。

 本展では、三船が“世界のミフネ”とたたえられるきっかけとなった黒澤明監督作品『羅生門』(1950年)を起点に、貴重な写真や資料、愛用品の中から選び抜かれた約200点を展示する。一足先に見学したAKIRAは、「ぜいたくな時間でしたね」としみじみ。会場には、終戦後の復員時に軍隊から支給された2枚の毛布を、三船が自ら縫い合わせて作ったコートの展示などもあり、AKIRAは「こんな貴重な展覧会は無いんじゃないかな。あと2、3回はプライベートで来たいと思う」と興奮気味に語った。

 また、AKIRAは来春日本で公開される、三船の生涯を描いたドキュメンタリー映画『Mifune:The Last Samurai』でナレーションも担当しており、「三船敏郎さんに恥じぬよう精いっぱい務めさせていただきました」とコメント。「僕は36歳ですが、僕らの世代、また若い方々にも改めて三船敏郎さんという素晴らしい俳優さんを知っていただけたら」と呼び掛けた。

 AKIRA自身は中学生の頃、レンタルビデオ店の「名作コーナー」で『七人の侍』と初めて出会ったと言い「当時子どもだったので、話の内容は難しかったのですが、三船さんの野獣のような生命力…これは芝居なのかドキュメンタリー映画なのかというぐらいの迫力のある芝居に衝撃を受けました。後から『あれは虎を意識して役作りをした』と聞いて、人をお手本にするのでなく動物に目を付けて躍動する侍を演じるというのはなるほどと思いました」と脱帽しきりだった。

 このほか、大好きな作品として『蜘蛛巣城』『黒部の太陽』を挙げ、熱弁を振るったAKIRAは「語りだすと止まらなくなってしまう」と照れ笑い。「僕がお手本(にする)なんておがましいですが、そういった素晴らしい日本を代表する俳優さんに近づけるように自分も頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 展覧会は10月19日~31日、都内の渋谷・東急本店3階イベントサロンで開催。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top