橘ケンチ、舞台に「成功の予感しかない」  バートン監督“お墨付き”のドラキュラ役

2015年4月9日 / 17:59

ドラキュラ役の橘ケンチ

 舞台「ドン・ドラキュラ」公開舞台稽古が9日、東京都内で行われ、出演者の橘ケンチ(EXILE)、原田夏希、神田愛莉、池田鉄洋ほかが出席した。

 本作は、1979年に『週刊少年チャンピオン』で連載された故・手塚治虫さんの原作を舞台化したドタバタコメディー。

 今回、神田と“ドラキュラ親子”を演じる橘は「いい意味でイメージを覆したかった」と、真っ赤なマントに赤のカラーコンタクトレンズを着けて登場。本日初日を迎えたが「試行錯誤しながらの稽古で自信の持てる作品に仕上がった。今のところ成功の予感しかない」と手応えたっぷりの様子で「新しい形のエンターテインメントをお届けできたら」とアピールした。

 一方、娘役の神田は、舞台の見どころを「コメディーの部分とシリアスなシーンはメリハリをつけつつ、最後は親子愛を伝えられたら」と紹介。

 そんな“大人顔負けのコメント”に「めちゃくちゃしっかりしている」とため息を漏らした橘は「愛莉がしっかりしているからこそ僕もすんなり父親役に入れた」と明かし、「もし本当に自分の子どもだったら?」という問いには「かわいくて仕方ない。溺愛しちゃうでしょうね」と既にメロメロの様子だった。

 一方、普段から“ドラキュラっぽい”と言われることがあるという橘。その理由を「彫りの深さと顔の濃さ」と分析しつつ、「前にティム・バートン監督と対談した際、『僕を役者として使うなら?』と尋ねたら『君はバンパイアだね』と言われた。その半年後にこの話を貰った時は“来たな!”と思いました」とエピソードも語った。

 舞台は、9日~14日、都内のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」“モラハラ彼氏”西垣匠の演技に悲鳴 「西垣くんが想像以上に怖くて震える」「早く逃げてー」

ドラマ2024年7月15日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第1話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)がメークの力で前を向き始め、モラハ … 続きを読む

「ブラックペアン シーズン2」「天城先生のオペシーン最高にしびれた!」「今日はアップルパイが食べたいな」

ドラマ2024年7月15日

 二宮和也が主演する日曜劇場「ブラックペアン シーズン2」(TBS系)の第2話が、14日に放送された。  本作は、2018年4月期に放送された日曜劇場「ブラックペアン」の続編となるメディカルエンターテインメント。シーズン1から6年後の物語を … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島くん”渡辺翔太のおんぶ&床ドンにもん絶 「ずっとキュンキュンできる」「あの終わり方は気になる」

ドラマ2024年7月15日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第2話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、人気同名コミックを実写化。イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶 … 続きを読む

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top