石田えり4.9キロ減でくびれ取り戻しコミット! 23年ぶり水着姿に「中身や気持ちは変わらない」

2017年5月25日 / 09:52

23年ぶりの水着姿を披露した石田えり

 「ライザップ」新CM記者発表会が24日、東京都内で行われ、56歳でライザップに挑戦し、見事コミットした石田えりが23年ぶりの水着姿で出席した。

 3カ月のトレーニングに励んだ成果のプロポーションを披露すべく、ビキニの水着姿で登場した石田は「ウエストは15センチくらい小さくなったみたいです。頑張りました」とポージング。くびれを取り戻して4.9キロの減量にも成功し、「皮下脂肪が微妙に残っているんだけど、内臓脂肪はほとんどゼロになりました」と自信たっぷりに語った。

 もともと「60歳になったらライザップに入って体を鍛えてからグラビアをやろうと思っていた」という石田だが、この度のCM出演のオファーで「60歳まで待たずに今やりなさいと天から言われているような気がして、今やるんだなと思って」とトレーニングを決意したという。

 「若いとただシェイプアップするだけでメリハリがつくけど、(この歳になって)痩せると長年重力にさらされてきた肉体だけが残る。張っていたものが全部下に垂れるだけなんです。トレーナーの方と二人三脚でやってきたけど、重力に逆らってグッと上げるのは大変」とこれまでのトレーニングを振り返り、ダイエット成功は「自分でもびっくりしたんですけど」とはにかんだ。

 23年ぶりという水着姿には「この歳でグラビアをやらせていただけるなんて夢のよう。生きていると何が起こるかわからないものですね」と喜びを語り、ステージに大きく飾られた自身の20代の頃のグラビア写真と比べて「そりゃあ全然違いますけど、グラビアを撮られているときって自分の体はそんなに見ないじゃないですか。若い時と今で中身や気持ちは全然変わらないと思いました」と言い切った。

20代の頃のグラビアと現在の石田えり

20代の頃のグラビアと現在の石田えり

 また、「50代からもう一回、青春も恋もしましょうよ。まだ捨てたもんじゃない。一回経験すれば違う世界が見えてくる」と同世代へ一歩踏み出す勇気を呼びかけ、自らも変わった今、やりたいことについて「恋人(探し)ですかね。離婚してからしてないから30年くらい経っているんじゃないかな。こればっかりはわからないですけど」と期待を寄せた。

 新CMは5月25日から全国で随時オンエア。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top