ピース又吉、初の恋愛小説『劇場』を発売 相方・綾部は「『読まなきゃな』と言っていた」

2017年5月11日 / 16:12

著書『劇場』のサイン本お渡し会を行った又吉直樹

 ピースの又吉直樹が11日、著書『劇場』の発売を記念して、東京都内でサイン本お渡し会を実施。イベント前に報道陣向けに会見を行った。

 発表以来、大きな反響を呼んでいる又吉の初の恋愛小説『劇場』。異例の5万部を発行した掲載誌『新潮』4月号は発売から10日あまりで完売。それを受け、きょう発売される単行本の初版部数は、村上春樹作品に次いで新潮社の単行本では歴代2位の「30万部」と決定した。

 この異例の初版部数に又吉は「書いた人間としては本当にうれしい。多くの人に手にとっていただけたら」と笑顔。発表からは約2カ月経過しているが「全体的には『面白く読んだ』という感想が多い」と明かすと「登場人物に対して本気で怒っている人や、『自分のことみたいやった』という人もいたり…。それだけ愛情を持って作品の中に入り込んでくださったんやと分かるので、それがまたうれしい」と周囲の反響を喜んだ。

 一方、相方の綾部祐二と「さらにコンビ間格差が広がるのでは?」と突っ込まれた又吉は「綾部はニューヨークに行ったり、僕よりスケールのでかいことをやってますから。後、綾部はあまりそういうことを気にしない。僕こそ(彼に)期待しています」と穏やかにコメント。

 当初の予定より“ニューヨーク行き”が遅れている綾部だが、これについては「この間も一回連絡取りましたけど、もうそろそろ。多分向こうで生活する基盤みたいなものをこの間作って来たので、本格的に今月、来月当たりに拠点を移すことになりますね」と近況を明かした。

 「綾部さんから本作の感想は?」という質問には「『読まなきゃな』とすごい強い意思を感じさせる目で言ってました。あれから1カ月、2カ月たちますがまだ感想が届いていません」と苦笑い。「綾部は本を読むのが苦手なんです。なので僕も『無理せんでいいで』と言ったけど、もしかしたら頑張って読んでくれるかも。そもそも(第一作の)『火花』の感想もまだ正確なものは聞いてない。『長かった』とは言ってました。今回は『火花』よりも長いので、何と言われるんでしょうね」と笑わせた。

 『劇場』は、高校卒業後に、演劇の成功を夢見て上京し、幼なじみと劇団を立ち上げた劇作家の永田と、女優を夢見て上京した女子大生の沙希の2人を描く。

 自身の恋愛経験との関連を尋ねられた又吉は「『僕の話です』と言ったらうそになる。でもどんな話でも、もちろん僕の経験や、見てきたものが入っているので、どちらとも言えない。全く知らん話を書いたわけでもない。主人公は僕でもないし、僕でもある。あいまいな答えになってしまう」と話した。

 実際、恋愛に関しては「分からないところのほうが多い。難しいものやなと思う」とも語った又吉。「結構モテるのでは?」と指摘されると「全然モテないんですよ」と否定し「『(ある人が)又吉さんのこと好きって言ってた』とか遠くから聞こえてくることはある。そういうのを聞くと、何かあるんじゃないかと一週間ぐらいドキドキして待っているんですが、結局何もないんですよね」と肩を落としていた。

「多くの人に手にとっていただけたら」と又吉直樹

「多くの人に手にとっていただけたら」と又吉直樹


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top