佐藤アツヒロ、主演舞台「頑張りたい」 母親役の緒月遠麻「アツヒロさんのファンでした!」

2016年9月14日 / 17:16

(左から)清水順二、緒月遠麻、陰山泰、馬場良馬

 演劇集団「30-DELUX」による舞台「新版 国性爺合戦」の公開舞台稽古が14日、東京都内で行われ、出演者の佐藤アツヒロ、馬場良馬、緒月遠麻、陰山泰、清水順二が登壇した。

 今回「30-DELUX」が挑むのは、江戸時代を代表する戯曲作家・近松門左衛門の「国性爺合戦」。主演の佐藤は、明朝復興という旗印に翻弄される壮大な人間ドラマの中で大きく葛藤する主人公・和藤内(わとうない)を演じる。

 3年ぶりに「30-DELUX」の主演を務めることになった佐藤。現在43歳だが、劇中で10代後半から30歳前後までの和藤内を演じる。報道陣から「若い時代を演じるのは大変では?」と心配されたが「気持ちが10代なので大丈夫です!」と自信たっぷり。「僕も演劇を始めて16年目。そのへんも含め頑張りたいと思います」と熱く意気込みを語った。

 また、主宰の清水は「原作を読んだ時に、和藤内という役が、普段から僕が見ている熱いアツヒロさんにしか見えなかった。“これはアっくんしかいない”と思った」とオファーの経緯を告白。和藤内の「熱くて真っすぐでピュアで、葛藤しながらも家族を大事にする印象」が佐藤にぴったりだと思ったという。

 一方、和藤内の母役を演じる緒月は「光GENJIさんを見ていた世代なので、信じられない。学校をあげてローラースケートを履いていました」と今回の役どころに驚きながらも「母親役はとっても新鮮でうれしい」とやる気十分。「ちなみに(光GENJIでは)誰のファンだった?」という問いかけには「アツヒロさんです!」と即答し、これには佐藤も照れ笑いを浮かべていた。

 最後に、光GENJIのヒット曲「ガラスの十代」にちなんだ、「舞台上でのハートは“ガラスの四十代”じゃないですよね?」という質問も。佐藤は「舞台の上では何十代でもなく、いつも(ハートが)割れてもいいぞ!という思いでやっています」と力強く応えていた。

 舞台は9月14日~18日、シアター1010での東京公演を皮切りに、その後愛知、福岡、大阪で上演。


芸能ニュースNEWS

トム・クルーズ、横浜港でファン400人と交流 「来年の夏も、その翌年も戻ってきます」

映画2022年5月25日

 映画『トップガン マーヴェリック』ジャパン・プレミア・レッドカーペット・セレモニーが24日、神奈川県横浜市で行われ、主演のトム・クルーズとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。  本作は、クルーズが伝説のパイロット・マーベ … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」共に朝を迎えた“杏花”上野樹里と“晴太”田中圭を“颯”磯村勇斗が目撃 「ひたすら颯がかわいそうで切な過ぎる」

ドラマ2022年5月25日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の6話が、24日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさせ、人生 … 続きを読む

「元彼の遺言状」“篠田”大泉洋の身元告白に「まさかの展開」 「“麗子”綾瀬はるかが篠田を弁護する展開なら熱い」

ドラマ2022年5月24日

 綾瀬はるかが主演するドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。  本作は、敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)が、元彼の森川栄治(生田斗真)が遺した“奇妙な遺言”を知ったことから事件に巻き込まれていく様子を描く。(※以 … 続きを読む

「恋マジ」“柊磨”松村北斗の「今すぐ来てほしい」にキュン 「あんなに優しい声で言われたら全力で走っていく」

ドラマ2022年5月24日

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が、23日に放送された。  本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)  食器 … 続きを読む

檀れい、水谷豊監督の撮影現場を語る “朝の儀式”に「大きなエネルギーを頂いた」

映画2022年5月24日

 映画『太陽とボレロ』東京プレミアが23日、東京都内で行われ、出演者の檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリアと水谷豊監督が登壇した。  水谷監督のオリジナル映画3作目となる本作は、アマチュア交響楽団を舞台に、音楽を愛する個性豊かな楽団員たちの … 続きを読む

amazon

page top