カズレーザー、楽屋あいさつで持論を展開 「1回どこかで会ったらもう行かない」

2016年8月30日 / 15:41

劇中のキャラクターに扮した安藤なつ(左)とカズレーザー

 映画『スーサイド・スクワッド』の公開直前イベントが30日、東京都内で行われ、お笑いコンビ、メイプル超合金の安藤なつとカズレーザーが出席した。

 本作は“史上最凶の悪党たち”による、クレイジーでポップなアクションエンターテインメント。

 この日、メイプル超合金は劇中のキャラクターに成り切って登場。“残酷な悪のプリンス”ジョーカーに扮(ふん)したカズレーザーは「寝巻きのまま来ちゃいました」と冗談を飛ばした。セクシーなヒロイン、ハーレイ・クインの格好をした安藤も「完コピですから。もうクリソツですね」と自画自賛し、「身長がちょっと違うかな」とボケをかました。

 また、劇中のキャラクター同様、“クレイジーさでは芸能界随一”と評されたカズレーザーは「先輩の楽屋にあいさつに行かないぐらいですよ」とひょうひょうとコメント。

 「1回どこかで会ったらもう行かないのが自分のルール」と言い、その理由については「別に何回もあいさつすることもねーなと思って。何で、1回会ってるのに毎回毎回初対面みたいに行くのかなと思って」とあっけらかんと語った。「後は持ち前の明るさでなんとかなりますから。うまく転がってるんですよ!」と笑わせた。

 そんなカズレーザーに対して「気が向いた時でいいから一緒にあいさつ行こうと誘っている」という安藤。カズレーザーは「『行こう』というくせに、行ったらすげー緊張して中に入んない」と明かし「緊張した後輩を見ても先輩たちは楽しくない。だったら行かなくていい」と持論を展開した。

 日本語吹き替え版では、カズレーザーは“キラークロック”、安藤が“クリスの妻”の声を担当。カズレーザーは「爬虫(はちゅう)類人間みたいなので結構いい役。ただ声がこもっている。編集で効果音を使っているから誰がしゃべっているのかほとんど分からない」とこぼし「初音ミクでも成立したんじゃないか」とぼやいていた。

 このほか、過去の“悪行”を尋ねられた2人。安藤が「昔、実家の畑でスイカを泥棒しました。タヌキに盗られたと親は騒いでました」と語ると、カズレーザーも「裏庭にいたクワガタに銀色の塗料を塗って、妹に珍しいと500円で売りつけました」とざんげした。

 映画は9月10日から丸の内ピカデリーほかで公開。


芸能ニュースNEWS

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

amazon

page top