センター2連覇の指原莉乃がエール 夏の高校野球応援ソング「光と影の日々」 

2016年6月23日 / 04:01

ダブルセンターを務める(左から)横山由依、山本彩

 ABC・テレビ朝日系「2016 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」にAKB48の新曲「光と影の日々」が決定し、東京都内で発表記者会見が行われた。歌唱する高校野球選抜メンバーは山本彩、横山由依、渡辺麻友、松井珠理奈、指原莉乃、北原里英、入山杏奈、柏木由紀、北川綾巴、高柳明音、白間美瑠、矢倉楓子、兒玉遥、宮脇咲良、加藤美南、高倉萌香の16人が務める。

 「光と影の日々」は、山本と横山によるダブルセンター曲で、レギュラー放送36年目の「熱闘甲子園」をはじめ、第98回全国高校野球選手権大会期間中の「ABC高校野球中継」、甲子園出場決定までの全国地方大会結果を紹介する「速報!甲子園への道」などのテレビ・ラジオ高校野球関連番組、CMで使用される。

 山本は「見ていて分かる全力さ。大逆転劇があったりすると、諦めないでやることはこんなに大事なのかと教わります。県関係なく48の楽曲を応援歌に使ってくれているのを見てもめちゃくちゃうれしい」と高校野球の魅力を熱っぽく語り、渡辺は「ひたむきに試合に取り組む姿から毎年すごいパワーをいただいています。テーマソングを通して高校球児の皆さんの背中を押すような、エールを送れる曲にできたら」と意気込んだ。

 横山は「AKB48の曲で初めてのダブルセンターで光栄ですし、大好きなさや姉と大好きな高校野球のテーマソングなんて」と喜ぶとともに、グループ総監督としても「パワーをもらっていますし、この楽曲を通してたくさんの人の印象に残るグループになればと思います」と責任感をのぞかせた。

 先日行われた「第8回AKB48選抜総選挙」では1位指原(HKT48)、2位渡辺(AKB48)、3位松井(SKE48)、4位山本(NMB48)という順位に、指原は「汗と努力の数は比にならないと思うけど、今回上位4人が地方グループから1人ずつ。なんとか自分のグループを1位にもっていきたいという思いは(高校野球に)通じるところがあるのかなと総選挙に出てあらためて感じました」と振り返った。

 また、2連覇を成し遂げたセンターとして高校球児たちへのアドバイスを求められると「アドバイスなんておこがましい。地元に優勝を持って帰るという気持ちは特別だと思いますし、故郷に錦を飾る姿を想像して頑張ってほしいと思います」とエールを送った。

高校野球選抜メンバー16人が登場

高校野球選抜メンバー16人が登場


芸能ニュースNEWS

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」スカパラ・谷中敦が登場 モラハラ社長役に「カッコよかったけど殴りたい」

ドラマ2021年5月12日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が、11日に放送された。  とわ子(松)が社長を務める「しろくまハウジング」に、イベント会社からの仕事が舞い込んだ。先方の社長・門谷(谷中敦)ととわ子は … 続きを読む

北村匠海、10年後の自分を熱く語る 吉沢亮「学生に戻ったらバンドをやりたい」

映画2021年5月11日

 映画『東京リベンジャーズ』おうちでプレミアムナイトが10日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮と英勉監督が登壇した。  本作は、さえないフリーター … 続きを読む

amazon

page top