林家木久扇「笑点」引き際を語った歌丸に不満 「何で自分で自分を片付けちゃうようなことを…」

2016年4月27日 / 15:20

「笑点 放送50周年特別記念展」開会式典に登場した林家木久扇

 日本テレビ系の長寿演芸番組「笑点 放送50周年特別記念展」の内覧会&開会式典が27日、東京都内で行われ、スペシャルゲストとして笑点メンバーの林家木久扇が登場した。

 22日に行われた別の会見内では、番組の進行役を務める桂歌丸が「そろそろ考える時期が来ているかなという気がしている」と自身の「笑点」の降板について言及したばかり。

 これについて木久扇は「新聞で読んでびっくりしたんです。私は、自分で区切りをつけちゃいけないと思うんですよ。“終の人生”とか言うとそこに自分が追い込まれていっちゃうから」と話し、歌丸のコメントに納得のいかない様子だった。

 木久扇は「まあ司会交代の話は(実際は)全然ないんですけれども」とした上で、「自分で自分の役の終わりとか始まりを決めちゃいけませんよ。それは自然にね、見ている人が“衰えてきたな”と感じてきたり、それから番組自体も数字(視聴率)が取れなくなってきて“じゃあ、新しい人…”となっていくので、お一人でそういう決断をしちゃいけないんと思うんですね」と持論を展開。

 また「だから、僕は今度お会いしたら歌丸師匠に直に言おうと思うんですよ。何で自分で自分を片付けちゃうようなことをしてしまうのかと…」と残念がり、「まだお元気なんですから。体の中に電池を入れてでも動いていりゃ歌丸なんだから…、ロボットでも何でもいいんです。(歌丸として)いれば」と愛情たっぷりに語った。

 一方で「私自身は自分が滅びるまで、面白い答えが出なくなるまではやるつもりですが、私が司会者側に回る気は全然ないんです」と自身が番組を仕切る可能性はきっぱり否定した木久扇。

 続けて「というのは、私が司会者側になっちゃったらこっち側の面白いことを言う、一つのパターンの組み立てがなくなっちゃうから。後で入ってくる方は入ってくる方で頑張るでしょうけれど、やっぱり最初からやっている人の雰囲気、ムードというのはね…。長い年月をかけるお酒の醸造と同じで、僕の“いい方の菌”を広めていって、この番組自体が“いいお酒”としてずっと続くようにしたいんですね」と自身の立ち位置を説明。

 「だから私自身が進行係になって全体を掌握するということは心にも思っていない。ずっと面白い答えを言う人側にいたいんです」と言葉を重ねた。

 この記念展では、番組の50年の歴史をさまざまな視点から振り返る年史コーナーをはじめ、大喜利の舞台を再現したセットや番組内で使用された小道具などを展示する。5月9日まで日本橋高島屋で開催。入場無料。


芸能ニュースNEWS

高橋一生「さらにうまくなった」 ももクロ百田&麒麟川島と朝から乾杯!

トレンド2020年2月25日

 新しい「本麒麟」完成披露会が25日、東京都内で行われ、高橋一生、川島明(麒麟)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)がゲストとして登場した。 続きを読む

水嶋ヒロ「もう無理って思ったけど」 4歳長女が、3人目をおねだり

映画2020年2月25日

 「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」の完成披露イベントが25日、東京都内で行われ、本作の映画応援アンバサダーを務める水嶋ヒロが登場した。  本作は、ベネッセコーポレーションの子ども向け通信教育教材「こどもちゃれんじ」の人気キャ … 続きを読む

安田顕「壁ドンで誰にほれるか決めたい」 鈴木浩介「来世では結婚しようと思っている」

舞台・ミュージカル2020年2月25日

 舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~」の制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の安田顕、大谷亮平、鈴木浩介ほかが登壇した。  本作は、1968年にオフブロードウェーで初演され、1000回を超える公演を重ねた傑作 … 続きを読む

日向坂46、記者に扮して突撃取材! 加藤史帆「総理大臣にインタビューしたい」

トレンド2020年2月21日

 新番組「日向坂46です。ちょっといいですか?」記者発表会が21日、東京都内で行われ、日向坂46の加藤史帆、斉藤京子、佐々木久美、東村芽依、金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが出席した。 続きを読む

高畑充希、山崎賢人の『ヲタ恋』顔芸を世界にアピール 「国境を越えると思う」

映画2020年2月21日

 映画『ヲタクに恋は難しい』大ヒット記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の高畑充希、山崎賢人が登壇した。  本作は、漫画、アニメ、BL(ボーイズラブ)をこよなく愛する“隠れ腐女子”(高畑)と“重度のゲームヲタク”(山崎)という … 続きを読む

page top