滝沢秀明、2年ぶりの“鼠小僧”復活 「瓦は任せてほしい」

2015年11月2日 / 19:30

 来年4月から放送されるNHKの木曜時代劇「鼠(ねずみ)、江戸を疾る(はしる)2」のスタジオ取材会が2日、東京都内で行われ、主演の滝沢秀明が出席した。

 ドラマは、2014年1月に放送された「鼠、江戸を疾る」の第2弾で、滝沢演じる主人公が、昼は遊び人の粋な江戸っ子・甘酒屋の次郎吉として、夜は武家屋敷から千両箱を盗み出し、貧しい庶民に分け与える怪盗の鼠小僧として生きる姿を描く。

 放送中から人気を博し、終了後も続編を期待する声が多かったことから第2弾の制作が決定した。滝沢は「ドラマを何本かやらせていただいた中で、続編というのはこの作品が初めて。パート2が実現してやっと今実感が湧いています。鼠小僧が視聴者の方の心に響いた証拠かなとうれしく思い、楽しくやらせていただいています」と喜びを語った。

 滝沢は「第2弾でも役柄に懸ける思いはそのままに、皆さんそれぞれが思い描く鼠小僧のイメージがあると思うので、そのイメージそのものをやれればと思います。個人的には、いろいろな時代背景がある中で江戸という粋な時代は好き。役者、お芝居の振り幅としても今までにないキャラクターを演じていて気持ちがいいです」と語った。

 2005年の大河ドラマ「義経」でもタッグを組んだ演出の黛りんたろう氏から「早くて一瞬分からないぐらい立ち回りや殺陣がバージョンアップしている」と絶賛されたという。前作で苦戦した瓦の上を疾走する場面についても滝沢は「前回での時間もあって今は楽しくやっています。瓦も慣れたもので、最初はどうしようかと思ったけど瓦はもう任せてほしい」と自信満々に語った。

 また、先月23日に、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の84歳の誕生日会が行われ、発起人を務めた滝沢は「年に一度のお祭りのようなもので、ジャニーズが集まる機会はあまりないので、ジャニーさんの誕生日が一番利用できるかなと思って」と笑みをこぼし、「タッキー&翼からは稽古場に置ける、リクライニングできるようないすをプレゼントしました。人数が多すぎててんやわんやしていましたが喜んでくれました」と振り返った。


芸能ニュースNEWS

内村光良、手越祐也の不在を謝罪 「一人欠けており、申し訳ございません」

テレビ2020年6月1日

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が5月31日放送のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。同番組にレギュラー出演しているNEWS手越祐也の不在を謝罪した。  手越は緊急事態宣言の発令中に、女性を伴う … 続きを読む

豊川悦司「常盤さんがめちゃピチピチしてた頃」 「愛していると言ってくれ」特別版に反響続々

ドラマ2020年6月1日

 豊川悦司と常盤貴子が主演した1995年放送のドラマ「愛していると言ってくれ」(TBS系)が特別版として25年ぶりに復活し、5月31日に放送がスタートした。  本作は、幼い頃に聴覚を失った青年画家・榊晃次(豊川)と、夢を追う女優の卵・水野紘 … 続きを読む

広瀬アリス・すずら、きょうだい共演に歓喜の声 「夢の共演、新鮮で面白かった」

ドラマ2020年5月31日

 リモートドラマ「Living」(NHK総合)の第1話と第2話が30日に放送された。  本作は、坂元裕二氏が書き下ろした、新作のリモートドラマ。15分×4本のオムニバスで構成され、実際に家族として日常を共にする俳優陣が出演する。  第1話に … 続きを読む

「麒麟がくる」今川義元の家臣・朝比奈親徳役で山口馬木也が登場 「(義元役の)片岡愛之助さんはとてもフレンドリーで、お仕えするに当たって申し分なかったです」

ドラマ2020年5月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月31日放送の第二十回から、戦国大名・今川義元の家臣・朝比奈親徳が登場する。演じる山口馬木也が、放送を前にコメントを発表した。  2013年の「八重の桜」で榎本武揚を演じて以来の大河ドラマへ … 続きを読む

安めぐみ「娘が好きな男の子の話をすると夫が不機嫌になる」 松本人志「分かるわ~」

テレビ2020年5月30日

 ダウンタウンの松本人志と浜田雅功、安めぐみ、立川志らくほかが29日放送のバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、新企画として番組史上初となる「リモート飲み会」を開催。お笑いコンビ・Take2の東貴博と … 続きを読む

page top