「私は亀裂が入ったままですね」 村川絵梨、かつての友情懐かしむ

2015年10月28日 / 17:45

主人公を演じた村川絵梨

 NHKBSプレミアムの山形発地域ドラマ「私の青おに」完成披露試写会および会見が28日、東京都内で行われ、出演者の村川絵梨、木南晴夏、中島歩、眞島秀和、橋本マナミほかが出席した。

 このドラマは、山形県高畠町出身の童話作家・浜田広介氏による名作「泣いた赤おに」をモチーフに、主人公・莉子(村川)が物語の“その後”を描く絵本作りに励みながら、亀裂の入ってしまったかつての友情を取り戻していく様子を描く。

 撮影は全編山形ロケで行われ、初めて山形を訪れたという村川は「都会で仕事をする、どこか田舎に戻れない自分というのが、大阪から出てきて東京で働いている自分に重なる部分がありました」と演じた役柄への思いを語り、「山形のおいしいものを食べて健康的に過ごした2週間でした」と振り返った。

 地元商店街に店を構えるそば屋の女将を演じた橋本は「普段は“愛人キャラ”としてやらせていただいていますが、化粧っ気のない田舎の女将さんを演じているのでその辺も見てほしいと思います」とアピールした。

 ストーリーにちなみ、友達とけんかをした経験を問われた村川は「一度、高校時代の友達とけんかをした記憶があります。私は亀裂が入ったままですね、まだ。莉子のように素直になるべきかなと考えました」と切ない思い出を語った。木南は「仲直りの秘訣(ひけつ)としてはすぐに謝ること。自分が悪くないと思っても謝ります」と自身のスタンスを明かし、中島は「人に対して諦める。建設的ではない精神の持っていき方をします」と笑わせた。

 自身にとっての“青おに”的な存在について、村川は「ありきたりな答えになってしまいますが母親かなと思います。どれだけ支えられてきたか…」としみじみ語った。一方の木南は「青おにほどの存在はいないかもしれないと思っていて。寂しい話になってしまいましたが、若い時にそういう友達を作っておけばよかったかなと思います。そういう存在はやはり家族しかいない」とあらためて家族への感謝をにじませていた。

 ドラマは11月18日午後10時からオンエア。

(左から)眞島秀和、木南晴夏、村川絵梨、中島歩

(左から)眞島秀和、木南晴夏、村川絵梨、中島歩


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top