菜々緒、時代劇&入浴シーン初挑戦 松山ケンイチ主演時代劇が完成披露

2015年6月11日 / 21:00

完成披露試写会に出席した(左から)菜々緒、松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督

 「連続ドラマW ふたがしら」完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の松山ケンイチ、早乙女太一、菜々緒と入江悠監督が出席した。

 人気漫画家オノ・ナツメの同名漫画を映像化したこのドラマは、明るく豪放な主人公・弁蔵(松山)とクールで色男の宗次(早乙女)の“ふたがしら”による盗賊たちを描く時代劇。松山は「太一くんと去年舞台をやっていたときに本屋で原作を見て、どうしてもこれをやりたいと思ったのが最初のきっかけ。いつかやれたらと思っていたら、わりと早くこうして作品になって、幸せです」と喜びを語った。

 “クールで色男”という演じる役柄の説明について早乙女は「それが一番嫌でした。僕の紹介には絶対に“クールで色男”と書かれているので」と恥ずかしさをあらわに。すかさず松山が「回を重ねていくごとに、色男からはみ出す宗次がいた」とフォローすると、「ちょっと反抗したくなってやってみたりしました。“クールで色男”は、できるだけ忘れてもらいたい」と重ねてアピールした。

 一方、自由気ままでしたたかなヒロイン・おこんを演じる菜々緒は、時代劇初挑戦。さらに入浴シーンにも初挑戦とあって「初めてのこと尽くしで刺激的な毎日を送らせていただきました」と振り返った。成宮寛貴との濃密な絡みも演じており、成宮のアドリブにも的確に反応していたという菜々緒を、松山は「根性あるな~」と絶賛した。

 弁蔵と宗次が“でっかいこと”を成し遂げるために立ち上がるというストーリーにちなみ、自身の持つ“でっかい野望”を問われた松山は「撮影前から言っているのですが、続編を作りたい。原作でもまだ描かれていない弁蔵と宗次の行く末を、ドラマオリジナルで見たい」と熱く意気込んだ。これに早乙女も同意しつつ、「続編をやるとしたら“クールで色男”というキャッチコピーを外したい」と繰り返し、笑いを誘っていた。

 ドラマは6月13日午後10時から毎週土曜オンエア(全5話)。


芸能ニュースNEWS

「クラスメイトの女子、全員好きでした」“脛男”木村昴の新たな強烈エピソードに反響 「ごめんなさい。こんなにおもしろいと思わなかった」

2024年7月19日

 木村昴主演、新川優愛出演ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村)が、中学時代に恋 … 続きを読む

「ギークス」“西条”松岡茉優の“イケメン隣人”白洲迅に関心集まる 「彼も何らかのギークなのか」「正体と魂胆を知りたい」

ドラマ2024年7月19日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第3話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

ミュージカル「黒執事」、「寄宿学校編」を再演 立石俊樹「より高みをめざして、より深く掘り下げてお届けしたい」

舞台・ミュージカル2024年7月18日

 ミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密 2024~の合同取材会が行われ、出演者の立石俊樹と上田堪大が公演への思いを語った。  本作は、月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の大人気漫画を舞台化。今回は、2021年3月 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「何か不思議な病院だけど、ここで働いてる人たちはみんなここが好きなんだね」「命を助けられなくても美容皮膚科医も立派な医者」

ドラマ2024年7月18日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第3話が、17日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「あの子の子ども」女子高生“福”桜田ひより、妊娠が判明し不安があふれ… 「中高生に見てもらいたい」「学校の授業で流すのもいい」

ドラマ2024年7月17日

 桜田ひよりが主演するドラマ「あの子の子ども」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校2年生カップル・川上福(桜田)と月島宝(細田佳 … 続きを読む

Willfriends

page top