ユーミンと帝劇のコラボ公演第2弾 舞台「あなたがいたから私がいた」制作発表会見

2014年7月23日 / 17:57

(左から)松任谷正隆氏、渡部豪太、比嘉愛未、松任谷由実、藤真利子、石黒賢

 帝国劇場10月公演 Yuming sings…「あなたがいたから私がいた」制作発表会見が23日、東京都内で行われ、出演者の松任谷由実、比嘉愛未、渡部豪太、石黒賢、藤真利子、脚本・演出の松任谷正隆氏が出席した。

 本作は、2012年に好評を博したユーミンと帝劇のコラボレーション公演第2弾。

 ヒロイン・園子を演じる比嘉は「今年1月に初舞台を踏んだばかり。正直とても不安や緊張もありますが、キャストの皆さんの力をお借りしつつ、二度とないかもしれない帝国劇場の大舞台で、悔いのないように精いっぱい役を生きたい」とコメント。また台本を読む中で「実体験というか、青春時代のあの当時にしか味わえない甘酸っぱさを懐かしく感じた」と振り返った比嘉は「そういう部分もしっかり丁寧に演じていけたら」と意気込みを語った。

 また、劇中で披露する予定の楽曲名を問われたユーミンは「『ダンスのように抱き寄せたい』と『春よ、来い』があったと思う」と回答。一方、台本を何度も書き換えるという正隆氏が「『ダンスのように抱き寄せたい』はバージョン1の台本では書いたけど、気が変わって2では削ったよ」と明かすと、驚いたユーミンは「(私が)ツアーで留守にしている間に変化したみたい。でも連絡を取り合わないのが仲良しの秘訣(ひけつ)なんです」と冗談交じりに話して、会場の笑いを誘った。

 舞台は、10月8日~31日、都内の帝国劇場で上演。


イベント情報 EVENT

J-POP・ROCK

松任谷由実

松任谷由実

栃木2013/12/19新潟2014/2/6~

埼玉2014/2/25群馬2014/2/26

アクセスランキング RANKING

page top