平原綾香「人魚になりたかった」 「ベストスイマー2013」表彰式

2013年6月20日 / 20:02

 (左から)セイン・カミュ、平原綾香、赤星憲広氏

 「第14回ベストスイマー2013」の表彰式が20日、東京都内で行われ、歌手の平原綾香、野球解説者の赤星憲広氏、タレントのセイン・カミュが出席した。

 同賞は、水泳をこよなく愛し、水泳の発展と普及に寄与する人物に贈られるもの。赤星氏は「野球以外でアスリートの賞を頂くと思っていなかった」と満面の笑み。「水泳を始めたのは3歳のころ。1年間ぐらいはひたすら泣きながらスクールに通っていた。でも現役中に肉離れなど、筋肉系のけがをしなかったのは水泳のおかげ」と感謝し、「いつか子どもができたら、まずは水泳を習わせたい」と宣言。「すてきな人と(結婚)の予定は?」との問いには「予定があればバッサリ言うけど、ないです」と苦笑した。

 「小学校1年からスイミングスクールに通った」という平原は、「変わった動きが人魚に似ている、バタフライが一番好き。小さいころから人魚姫が大好きで『人魚になりたい』と思っていたので」とエピソードを披露。今年デビュー10周年を迎える平原は今後ツアーが控えるが「宿泊先のホテルにプールが付いていることもあるのでそこでしっかり泳ぎたい」と意気込んだ。

 一方セインは、ライセンスも取得しているスキューバダイビングについて聞かれると「最高ですよ。別世界。海を愛する人には悪い人はいない」と力説。3人の子どもの父親であることから「いつか子どもたちとスキューバダイビングを一緒にするのが夢」とニッコリ。隣の平原も「いいですね! そういうの、憧れます」と目を輝かせていた。

 なお、受賞者の1人であるAKB48板野友美は、仕事の都合で欠席。ビデオで「体力づくりのために去年からまた水泳に通い始めました。今まではアイドルとしてやってきたけど、AKBを卒業したら体力をつけるためにも毎日泳ぎたいと思います」とメッセージを送った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top