コロッケ、市原隼人の苦言に理解示す 第34回松尾芸能賞・優秀賞受賞

2013年3月28日 / 15:05

 「第34回松尾芸能賞 優秀賞」を受賞したコロッケ

 「第34回松尾芸能賞」贈呈式が27日、東京都内で行われ、優秀賞を受賞したコロッケが贈呈式後に取材に応じた。

 同賞は、長年にわたり日本の文化・芸能の保存、向上に寄与した芸能出演者や演出・音楽・劇場芸能に高い技能を持つ人々に贈られるもの。

 テレビ・舞台を通じて、物まね芸に顕著な功績を挙げ、2012年は博多座・新歌舞伎座・中日劇場で座長公演を行ったコロッケ。

 今回の受賞に「物まねも伝統芸能の仲間入り?」と振られると「そう言っていただけるのはありがたいけど、ご本人あってのものなので逆に申し訳ない。だから私が頂いたというよりは皆さんのおかげ」といたって謙虚。

 また、元AKB48の前田敦子の物まねで人気のキンタロー。については「面白いのが出てきましたね」とニヤリ。「僕のことを慕ってくれてまして、もっともっといろいろやってほしいと、この間も話したばかり」と仲の良い様子。

 「あの顔の大きさと体のバランスに私も悔しい思いをしております。最近また顔を大きくしようと日夜顔をたたいてから寝ています」と冗談を飛ばし笑いを誘った。

 また、当の本人である前田敦子からキンタロー。が公認を得たことには「正直、キンタロー。があれだけ皆さんに支持されると公認しなきゃしょうがないという感じでは」と苦笑い。

 それでも「キンタロー。は、私がやる野口五郎さんに比べたらまだまだ序の口。私はまだ野口五郎さんとは雪解けは訪れてはおりません。一生無理かな」と嘆き「物まねのコロッケと覚えてもらっているので、死ぬまでずっとやり続けますが、どこかで申し訳ない気持ちも多々ある。一生謝り続けなければいけない職業だと思っていますんで」と複雑な心境を明かした。

 一方、俳優の市原隼人が自身の物まねに不快感を示した話題が出ると「リスペクトしていないんじゃないかと、花香(よしあき)が」とコメント。

 「市原さんの物まねをするのであれば、市原さんのお芝居の間とか、ドラマとか映画とかいっぱい見なきゃ。最初はちょっと真面目にやってそれからちょっとふざけるとか。最初からふざけてばっかりいると駄目だと思う」と市原の意見に一定の理解を示した。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top