ソ・ジソブとハン・ヒョジュが来日会見 10歳年上のジソブは「アジョシ」?

2012年6月7日 / 16:15

 「バリでの出来事」や「ごめん、愛してる」で日本でもブレークしたソ・ジソブ(左)と、現在NHKBSプレミアムで放送中の「トンイ」で主演を務め人気上昇中のハン・ヒョジュ (c)KYODONEWS

 2011年釜山国際映画祭オープニング作品に選ばれた「ただ君だけ」に主演したソ・ジソブとハン・ヒョジュが7日、東京都内で来日会見を行った。

 元ボクサーで暗い過去にとらわれ心を固く閉ざしているチョルミンを演じたソ・ジソブは「アクションシーンも大変でしたが、愛する感情を抱き続ける感情表現の方が難しかった」と語った。

 一方、視力を失いつつも明るくはつらつとしたジョンファを演じたハン・ヒョジュは「視覚障害者を演じるのは、荷が重かった。また、少しずつ2人の愛が深まっていく後半で、愛する気持ちを維持するのが難しかったです」と答えた。

 印象に残ったシーンについて聞かれると「チョルミンとジョンファが初めて出会った、駐車場内の狭い管理人室でのシーン」(ソ・ジソブ)、「川辺で石を拾うシーンなんですが、そこから2人の愛情が深まっていきます」(ハン・ヒョジュ)と答えた。

 互いの印象については「ハン・ヒョジュさんとは初共演でしたが、明るくてかわいい印象で、女優としては演じることへの不安や悩みを持ち、一生懸命臨んでいる姿勢を見て、驚きました」と語り、ハン・ヒョジュは「ソ・ジソブ先輩はすごく温かく接してくださって、本当にうれしかった」と笑顔で答えた。

 するとすかさず「今、僕のことを先輩と言いましたが、撮影前から終了後の今もずっとアジョシ(おじさん)と言われてる」と明かされ、照れ笑いをするハン・ヒョジュに、ソ・ジソブは「アジョシと言われても特に悪い気持ちにはなりませんけどね」と大人の余裕を見せていた。

 同映画は、30日から丸の内ピカデリーほか全国ロードショー


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top