熊川哲也「蝶々夫人」を世界初バレエ化 来年9月には宮尾俊太郎が演出家デビュー

2019年7月29日 / 15:49

 (左から)中村祥子、矢内千夏、熊川哲也、成田紗弥、宮尾俊太郎

 熊川哲也 Kバレエ カンパニー20周年記念特別公演「マダム・バタフライ」制作記者発表会が29日、東京都内で行われ、芸術監督の熊川哲也、ダンサーの中村祥子、宮尾俊太郎、矢内千夏、成田紗弥が出席した。

 明治時代の長崎で、米海軍将校ピンカートンを愛し待ち続けた武士の娘バタフライの悲劇を描くオペラ「蝶々夫人」を、熊川が日本人芸術監督として初めて全幕バレエ化する。

 熊川は「令和という新元号になったこの時期に20周年を迎えることができ、さらに日本を舞台にしている名作を手掛けることに、偶然の一致というか、運命めいたものを感じずにはいられない」と心境を語った。

 本作でピンカートン役に加えて、振り付け助手も担当する宮尾は「打ち合わせに同席してアイデアを出せるときには出して、内容的には演出家とほぼ同じ動きで、付いて、見て、勉強させていただく感じ」と語った。

 宮尾を20歳時から知る熊川は「独立したマインドを持って成長した形でカンパニーに貢献してくれて。なおかつ後輩へ自分の背中を見せる立場の年齢になった」と評し、「来年9月に宮尾俊太郎演出作品を。私は一切関わるつもりがなく、第1回作品として世の中の人に送り届けてほしい」と期待を込めて発表した。

 数日前に話を聞いたばかりという宮尾は「そんな大役を頂きまして驚きと喜びで胸いっぱい。今回のこういった経緯を含めて熊川ディレクターから見せていただいたもの、もらったものがたくさんありますので、自分の中に昇華してお客さまやカンパニーにどう還元できるか…」と語った。

 舞台は、9月27日~29日に都内・Bunkamuraオーチャードホール、10月10日~14日、都内・東京文化会館大ホールでそれぞれ上演。


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」子犬姿の玉森裕太に大反響 「こんなに犬の耳と尻尾の似合う男性、初めて見た」

ドラマ2021年1月27日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第3話が、26日に放送された。  本作はファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)が鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事も恋 … 続きを読む

菅田将暉“打ち上げ無し”を嘆く 「終わった感じがなければ、次に進める感じもしない」

映画2021年1月27日

 映画『花束みたいな恋をした』公開直前イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、有村架純と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、坂元裕二氏のオリジナル脚本を映画化。終電を逃したことから偶然出会った麦(菅田)と絹(有村)の5年にわた … 続きを読む

香取慎吾が誹謗中傷の問題に切り込む 「アノニマス」初回放送が、ツイート15万件超え

ドラマ2021年1月26日

 香取慎吾が主演するドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の初回が、25日に放送された。  本作は、SNSの誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマに、キーボードによる殺人=指殺人の罪を犯す顔の見えない犯罪者を取り締まる、警 … 続きを読む

「監察医 朝顔」“朝顔”上野樹里の苦難が続く “つぐみ”加藤柚凪の演技に「天才子役」の声も

ドラマ2021年1月26日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第11話が、25日に放送された。  入院中の祖父・浩之(柄本明)から朝顔(上野)に連絡が入った。転院することになった浩之は、東日本大震災で被災し、行方不明が続いてい … 続きを読む

西野七瀬、劇団☆新感線で初舞台 「本番までになじんで楽しんでいけたら」

舞台・ミュージカル2021年1月25日

 2021年劇団☆新感線41周年春興行「Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』」制作発表が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花ほかが登壇した。  Yellow/新感線は、コロナ禍でも劇団☆新感 … 続きを読む

page top