浅田真央、都内で電車移動も気付かれず 「帽子をかぶったりマスクをしたり…」

2017年11月8日 / 16:33

 「アルソア クイーンシルバー」の泡を使って泡の妖精のキャラクター「モコアワちゃん」の巨大アート作りに挑んだ浅田真央さん

 洗顔せっけん「アルソア クイーンシルバー ~11月8日は『いい泡の日』~PRイベント」が8日、東京都内で行われ、ゲストとしてフィギュアスケート元世界選手権女王の浅田真央さんが出席した。

 黒のエレガントなロングドレスで登場した浅田さんは、同せっけんを16歳のころから11年間愛用しているといい、「無くてはならない存在。現役時代は海外遠征の際にも必ず持って行っていました」とエピソードを披露。ほかに“10年以上にわたり愛用しているもの”を聞かれると「車は20歳から乗っているので7年間…。スケート靴は1年ごとに替えますし、タイツとかも私は長く使う方で、意外と穴が空いても使っちゃうのですが、それでも3年とか4年、5年なので全然11年にはかなわないですね」と語り、ほほ笑んだ。

 また、せっけんの泡にちなみ「最近、アワアワした(慌てた)ことは?」と尋ねられた浅田さんは、都内の交通システムに戸惑うことがあると告白。「地元だと車移動が多いのですが、こちらだと電車移動。東京はいろんな路線があって、特急とか各駅停車とかいろいろあるじゃないですか。全然違う方に行っちゃって、本当に(予定に)間に合わなくなっちゃったことも何回もあります」と悩ましげだった。「電車で周りの人に気付かれない?」と聞かれると、「大丈夫です」。“顔バレ対策”として帽子をかぶったりマスクをしたりしているそうで、「気付かれることは、ほとんどないですね。(バレていることに)自分が気付いていないだけかもしれませんが」と笑った。

 今年4月に現役引退を表明してから約7カ月が経過。現在の心境について問われると「人生の中ではいろいろな決断をしていきますが、その中でも(引退は)すごく大きな決断の一つに入ると思います。(今は)新たなチャレンジをしたり、新たな道に進んだりしているので、2017年は本当に新しい年になったと思います」としみじみ。

“ポスト浅田真央”との呼び声高い本田真凜選手についても「まだまだ16歳ですごく若い。今年はオリンピックシーズンということで、真凜ちゃんも出られる年齢に入ると思う。それを目指して一日一日悔いなく練習して、けがなく一つ一つの本番に挑み、自分の力を発揮していただきたい」とエールを送った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top