安藤美姫、乳がん手術の北斗晶にエール 「またパワフルな姿でご一緒したい」

2015年10月1日 / 19:58

乳がん早期発見の重要性を訴えた安藤美姫

 乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える「ピンクリボンフェスティバル2015」記者発表会が1日、東京都内で行われ、フィギュアスケーターの安藤美姫がトークショーを行った。

 日本人女性の12人に1人は乳がんになると言われている現代。この日、平松レディースクリニック院長の平松秀子先生に話を聞いた安藤は、まだ20代とあって、マンモグラフィーの検査を受けたことはないというが、「(胸の触診など)セルフチェックはしてます。心配症なので何かあるとすぐ病院に行きます」と普段から意識はしている様子。

 平松先生の「乳がんは早期なら9割以上治るし、内臓のがんに比べると治りやすい。予防は難しくても、早期発見によって命は守ってほしい」という言葉に大きくうなずくと、「私ももうすぐ30代。自分のためだけでなく、自分の愛する人を大切にするためにも、恥ずかしがらずに検診に行くことが大事だと訴えていきたい」と言葉に力を込めた。

 トークでは、乳がんで右乳房の全摘出手術を行った元プロレスラーでタレントの北斗晶についての話題も。番組で何度か共演経験があるという安藤は、「多分、(病気が)分かっていた時にもお会いしていたけどすごく明るかった。最後まで人に心配を掛けないように振る舞っていた強さには、やはりアスリートの魂を感じたし、他人を思いやる優しさも感じた」と敬服。

 今回の病気の公表については「日本の女性の意識を変えるほどの影響力があったと思う。また元の元気でパワフルな姿で一緒にお仕事をさせていただきたい」とエールを送った。

 このプロジェクトには、先月肝内胆管がんのため亡くなった女優の川島なお美さんも参加していた。「2、3度お会いしたことがありますが、笑顔が輝く本当にステキな人でした…」とうつむいた安藤は、「姿は見えなくても、いろんな人の心にはいつまでも生きていると思う。もしかしたら、空から私たちを支えてくれるのではと感じている。寂しいですけど、ご一緒できたことすごく感謝しています」と故人をしのんだ。


芸能ニュースNEWS

小松菜奈『余命10年』ジャパンプレミアで涙 役を演じ切った後は「抜け殻状態。燃え尽きた」

映画2022年1月25日

 映画『余命10年』ジャパンプレミアが24日、東京都内で行われ、出演者の小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊と藤井道人監督が登壇した。  本作は、小坂流加さんの同名小説を映画化。数万人に一人という不治の病で、余命が … 続きを読む

「ミステリと言う勿れ」“整”菅田将暉によって連続殺人事件の犯人が判明 「怪しいと思っていたけど、異常者だったなんて」「怖かった」

ドラマ2022年1月25日

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第3話が、24日に放送された。  本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。( … 続きを読む

山田涼介、スカイツリーに上るも「高い所は苦手」 理想のヒーロー像は「僕の中ではお父さん」

映画2022年1月24日

 映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー点灯大作戦イベントが24日、東京スカイツリー天望デッキ フロア350で行われ、出演者の山田涼介、土屋太鳳が出席した。  本作は、倒された怪獣の“死体処理”をめぐる物語。怪獣の“後始末”を命じられた … 続きを読む

「真犯人フラグ」“陽香”生駒里奈の電話の相手は誰? 「8文字の人物は“一星”佐野勇斗か“望月”坂東龍汰か」

ドラマ2022年1月24日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第13話が、23日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く … 続きを読む

「逃亡医F」犯人は脳外科医の“長谷川”桐山照史? 「何か重要な鍵を握っていそう」「犯人だったら震える」

ドラマ2022年1月24日

 成田凌が主演するドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)の第2話が、22日に放送された。  本作は、恋人殺しのぬれ衣を着せられ、指名手配犯へと転落した天才脳外科医の藤木圭介(成田)が、真犯人を突き止め、復讐(ふくしゅう)するために逃亡を図る物語 … 続きを読む

amazon

page top