クロイ・ベイリー、自身の音楽がR&Bに分類されるのは黒人だからだと語る「ずっとそれが当たり前」

2024年6月25日 / 15:30

 ビヨンセの『カウボーイ・カーター』からシャブージーの「A Bar Song (Tipsy)」まで、2024年はカントリー・ミュージックでブラック・アーティストが批評的にも商業的にも優れた活躍を見せた転換点となる年となっている。このジャンルは、黒人の革新者たちによる輝かしい歴史があるにもかかわらず、伝統的に黒人アーティストを締め出そうとしてきた背景がある。そして音楽ジャンルの境界線の曖昧さについての議論も何年にもわたって音楽業界を支配してきた。

 最近米ナイロンのカバー・ストーリーのインタビューに応じた【グラミー賞】ノミネート・シンガーでプロデューサーのクロイ・ベイリーが、この話題について自身の見解を述べている。そこで彼女は、「私がどんな音楽をやっても、黒人女性だから簡単にすぐにR&Bにカテゴライズされてしまいます。私の肌の色をしていない人が同じ音楽を作ったら、ポップのカテゴリーに入るでしょう。ずっとそれが当たり前でした」と語っている。

 実写版映画『リトル・マーメイド』に出演した妹のハリー・ベイリーとのデュオ、クロイ&ハリーとして、クロイはたびたびジャンルを越えてきた。米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”入りし、【グラミー賞】にノミネートされた2枚のスタジオ・アルバム、2018年の『ザ・キッズ・アー・オールライト』(139位)と2020年の『アンゴッドリー・アワー』(16位)の中で、姉妹はソウル、エレクトロニカ、ハウス、ヒップホップ、オルタナティブ・ロック、コンテンポラリー・ポップ、R&Bなどに手を出している。クロイのソロ・デビュー・アルバム『イン・ピーシズ』も同様のサウンドの融合を特徴とし、オールジャンルのBillboard 200で119位を獲得した。今年4月の「Boy Bye」を含め、ポップ寄りの楽曲をいくつかリリースしているにもかかわらず、クロイの受賞歴とチャートでの成功は主にR&B分野でのものだ。彼女の5つの【グラミー賞】ノミネートのうち、R&B部門ではないのは一つで、クロイ&ハリーの片割れとしてノミネートされた2018年の<最優秀新人賞>だけだ。

 ナイロンのインタビューで彼女は、ジャンルで実験することに断固とした姿勢で臨む上でインスピレーションを受ける二人のアーティストとして、故ホイットニー・ヒューストンとビヨンセの名前を挙げ、特に後者のアーティストの最新大ヒット・アルバムを称賛した。彼女は、「だからこそ、ビヨンセが“カウボーイ・カーター”を出したことを本当に誇りに思いました。黒人がカントリー・ミュージックを生み出したのですから。可能性は無限だということを示しています」と話している。

 クロイはまた、自身の作品がしばしば時代を先取りしていることを知っていて、そのことに安らぎを見出している。「私の芸術で好きなのは、忍び寄ってくるところなんです。“イン・ピーシズ”が発表された時、それを本当に理解した人はあまりいませんでした。でも1年経った今、“ああ、天才的だ!美しい!素晴らしい!”って人は言います。考えてみれば、私と妹のこれまでの作品もそうでした。最初に発表された時は誰もそれを理解することはありませんでした」と彼女は説明している。

 クロイは現在、ソロ2作目となるスタジオ・アルバム『トラブル・イン・パラダイス』のリリースを控えている。今年「Boy Bye」と「FYS」というシングルをリリースしている彼女は、ニュー・アルバムには妹のハリー、ジェレマイ、アンダーソン・パークなどが参加していることをこのインタビューで認めた。25日間の北米・欧州ツアーを行った『イン・ピーシズ』では、クリス・ブラウン、ミッシー・エリオット、フューチャーとコラボしていた。

 クロイは2021年の「Have Mercy」で正式なソロ・デビューを果たし、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で28位を獲得した。現在までに「Treat Me」(81位)、「You & Me」(72位、ガンナとのコラボ)、そして2023年のAmazon Music限定曲「Winter Wonderland」(63位)を含む4曲のHot 100ヒットを記録している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

日米ビルボードNo.1コラボが実現、デュア・リパ「Illusion (Creepy Nuts Remix)」が7/26に世界同時配信へ

洋楽2024年7月26日

 「Bling-Bang-Bang-Born」がBillboard JAPAN上半期チャートでトップに輝いたCreepy Nutsとデュア・リパの共演シングル「Illusion (Creepy Nuts Remix)」がリリースされた。   … 続きを読む

松本孝弘(B'z)率いるTMG、2ndアルバム『TMG Ⅱ』リリース決定

J-POP2024年7月25日

 TMG(Tak Matsumoto Group)が、2ndアルバム『TMG Ⅱ』を9月18日にリリースすることが、決定した。  3月、20年ぶりにオリジナルメンバーでの再始動を発表したTMG。前作から20年ぶりとなる新作でも、松本のソリッ … 続きを読む

iriの新曲「Swamp」が主題歌、“ドロ沼マウントバトル”ドラマ『スカイキャッスル』

J-POP2024年7月25日

 iriが、テレビ朝日系木曜ドラマ『スカイキャッスル』の主題歌を担当する。  2024年7月25日に放送スタートとなった本ドラマは、2018~2019年に放送された韓国ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』をリメイクしたジャパン・オ … 続きを読む

杉本雄治(ex.WEAVER)のソロプロジェクトONCE、2024年第3弾シングル「この手」8/7デジタルリリース

J-POP2024年7月25日

 2024年8~9月にかけて東名阪のワンマンツアーが決定した杉本雄治(ex.WEAVER)のソロプロジェクトONCE。  そんなONCEが「夢でもし逢えたら」「Flyby」に続く新曲「この手」を8月7日にデジタルリリースする。 ◎ONCE … 続きを読む

syrup16gが『delayedead』時期の楽曲演奏、日比谷野音ワンマン【遅死11.02】

J-POP2024年7月25日

 syrup16gが、2024年11月2日に東京・日比谷野外大音楽堂(日比谷野音)にて【遅死11.02】を開催する。  2004年10月10日に同会場で開催されたワンマンライブ【遅死10.10】。“第一期シロップ完結”と謳われたこの公演では … 続きを読む

Willfriends

page top