【米ビルボード・ソング・チャート】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」首位返り咲き、ホリデー・ソングがTOP5独占

2023年12月19日 / 11:00

 マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が約1年ぶりに返り咲き、通算13週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 1994年にリリースされた「恋人たちのクリスマス」は、ストリーミングが集計に加算されるようになった2014年以降、ホリデー・シーズン毎に最高位を更新して、2017年12月に初めて9位にTOP10入りし、翌18年には3位まで上昇。発売25年目の2019年12月21日付で遂に通算19曲目の首位に輝いた。なお、19曲はザ・ビートルズがもつ20曲に次ぐ歴代2番目の記録で、女性アーティストでは最多記録を保持している。

 首位獲得週は以下のとおりで、2019年から2023年まで5シーズン連続で1位を獲得した。これまで数年にわたり首位を獲得した曲は、1960年と1962年に達成したチャビー・チェッカーの「ザ・ツイスト」と「恋人たちのクリスマス」の2曲だけで、5年は現時点での最長記録となる。

2019年12月21日
2019年12月28日
2020年1月4日
2020年12月19日
2021年1月2日
2021年12月25日
2022年1月1日
2022年1月8日
2022年12月17日
2022年12月24日
2022年12月31日
2023年1月7日
2023年12月23日

 上記のとおり、「恋人たちのクリスマス」が首位に返り咲いたのは今週で6度目の快挙で、昨年それぞれ5回を記録したハリー・スタイルズの「アズ・イット・ワズ」とモーガン・ウォレンの「ラスト・ナイト」を上回る最多記録を更新した。

 「恋人たちのクリスマス」は、今週の集計期間(12月8日~14日)にストリーミングが4,220万回(10%増加)、エアプレイが2,610万回(8%増加)、セールスは8,000(68%増加)をそれぞれ記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは2位をキープ。デジタル・ソング・セールス・チャートでは7位から3位にTOP3入りして、エアプレイ・チャートでは29位から22位に上昇した。

 集計期間中の12月8日には、ファンにスポットを当てた新しいミュージック・ビデオが公開され、翌9日に開催されたマディソン・スクエア・ガーデンのライブでは、アリアナ・グランデ、ジェニファー・ハドソンと「Oh サンタ!」をコラボレーションしたことが話題となり、iTunes Storeでもセールが開催されるなど、様々なプロモーションが実施されている。

 これまでホリデー・ソングとして首位を獲得したのは、1958年12月22日~1959年1月12日付まで4週間1位を記録した、ザ・チップマンクス&デヴィッド・セヴィルの「ザ・チップマンク・ソング」、今週で通算13週をマークした「恋人たちのクリスマス」、そして2023年12月9日付で首位に到達し、先週12月16日付の2週を記録したブレンダ・リーの「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」の3曲だけで、同じ年にホリデー・ソングが2曲首位を獲得したのは、今年が史上初のチャート・アクションとなる。

 「恋人たちのクリスマス」は、今週でチャートイン総週を63週目に更新し、首位を獲得した時点でのチャートイン総週最長記録を達成した。なお、その他に63週目で首位を獲得したのは、登場59週目の2022年3月12日付で首位を獲得して63週目の4月9日付まで5週間を記録した、グラス・アニマルズの「ヒート・ウェイヴス」で、次週以降トップに立てば「恋人たちのクリスマス」が単独の記録を更新することになる。

 マライアにとって13週以上首位を獲得したのは「恋人たちのクリスマス」が通算3曲目のタイトルで、3曲以上が13週を記録したのはボーイズIIメンに続く史上2組目、女性アーティストとしては初の快挙を達成した。

マライア・キャリー
16週「ワン・スウィート・デイ with ボーイズIIメン」(1995~96年)
14週「ウィ・ビロング・トゥゲザー」(2005年)
13週「恋人たちのクリスマス」(2019~23年)

ボーイズIIメン
16週「ワン・スウィート・デイ with マライア・キャリー」(1995~96年)
14週「メイク・ラブ・トゥ・ユー」(1994年)
13週「エンド・オブ・ザ・ロード」(1992年)

 今週「恋人たちのクリスマス」が1位に返り咲いたことで、マライアは首位獲得総週を通算92週目に更新し、2位以下と大差をつけてトップを独走している。

92週 マライア・キャリー
60週 リアーナ
59週 ザ・ビートルズ
56週 ドレイク
50週 ボーイズIIメン
47週 アッシャー
43週 ビヨンセ
37週 マイケル・ジャクソン
34週 アデル
34週 エルトン・ジョン
34週 ブルーノ・マーズ
34週 テイラー・スウィフト

 また、デビュー曲「ヴィジョン・オブ・ラヴ」が初めて首位を獲得した1990年8月4日付から今週(2023年12月23日付)までの期間を33年4か月に更新し、1990年代、2000年代、2010年代、2020年代の4つの年代で首位を獲得した。

1990年「ヴィジョン・オブ・ラヴ」、「ラヴ・テイクス・タイム」
1991年「サムデイ」、「アイ・ドント・ウォナ・クライ」、「エモーションズ」
1992年「アイル・ビー・ゼア」
1993年「ドリームラヴァー」
1994年「ヒーロー」
1995年「ファンタジー」、「ワン・スウィート・デイ with ボーイズIIメン」
1996年「オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー」
1997年「ハニー」
1998年「マイ・オール」
1999年「ハートブレイカー feat. ジェイ・Z」
2000年「サンク・ゴッド・アイ・ファウンド・ユー feat. ジョー&98ディグリーズ」
2005年「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
2006年「ドント・フォゲット・アバウト・アス」
2008年「タッチ・マイ・ボディ」
2019年「恋人たちのクリスマス」
2020年「恋人たちのクリスマス」
2021年「恋人たちのクリスマス」
2022年「恋人たちのクリスマス」
2023年「恋人たちのクリスマス」

 「恋人たちのクリスマス」は、ホリデー・ソング・チャート“Holiday 100”でも今週首位に返り咲き、通算59週目の首位を獲得した。同チャートの集計が始まったのは2011年からで、チャート総週66週間のうち59週を「恋人たちのクリスマス」が首位を独占している。

 先週まで2週連続で首位を獲得したブレンダ・リーの「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」は、「恋人たちのクリスマス」と入れ替わり2位にダウンしたが、週間ストリーミングは3%増加の4,240万回に上昇している。

 先週3位にTOP3入りしたボビー・ヘルムズの「ジングル・ベル・ロック」(1957年リリース)は同位をキープ。ワム!の「ラスト・クリスマス」(1984年リリース)も先週に続き4位にランクインして、バール・アイヴスの「ホーリー・ジョリー・クリスマス」(1964年リリース)は7位から5位に上昇し、今週のTOP5はホリデー・ソングが独占した。

 それにより、ジャック・ハーロウの「ラヴィン・オン・ミー」は5位から6位に順位を下げたが、デジタル・ソング・セールス・チャートでは2位から1位に上昇し、自身4曲目の首位を獲得している。また、R&B/ヒップホップ・ソング・チャートとラップ・ソング・チャートでは、それぞれ5週目の首位を獲得した。

 アンディ・ウイリアムスの「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」(1963年リリース)は先週の8位から7位に上昇して、「ロンリー・ストリート」が初めてTOP10入りした1959年10月12日付からのブランク記録を歴代最長の64年2か月2週間に更新した。

 8位には、ザ・ロネッツの「そり滑り」(1963年リリース)が先週の14位から上昇して、2021年のホリデー・シーズン以来、約2年ぶりのTOP10入りと最高位を更新した。ザ・ロネッツのTOP10入りは、1963年10月に3週間2位を記録した「ビー・マイ・ベイビー」に続く2曲目で、ブランクを60年3か月に更新してグループとしての歴代最長記録を打ち出した。なお、ホリデー・ソングを除くと、今年の11月18日付でザ・ビートルズが打ち出した59年9か月3週間が現時点での最長記録となる。

 9位は、テイト・マクレーの「グリーディー」が先週の16位から上昇し、再びTOP10にランクインした。同曲は、今週のアルバム・チャート“Billboard 200”で4位に初登場したニュー・アルバム『シンク・レイター』のリード・シングルで、アルバムのリリース効果により今週ポイントが上昇した。

 続いて10位には、ディーン・マーティンの「レット・イット・スノー」(1959年リリース)が先週の12位から上昇し、最高8位を記録した2020年のホリデー・シーズン以来のTOP10入りを果たしている。ディーン・マーティンにとっては、1965年に最高10位を記録した「アイ・ウィル」以来約58年ぶりのTOP10入りで、自身初のNo.1ヒット「誰かが誰かを愛してる」(1964年)、最高6位を記録した「ザ・ドア・イズ・スティル・オープン・トゥ・マイ・ハート」(1964年)含む4曲目のランクインとなる。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは12月22日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
2位「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」ブレンダ・リー
3位「ジングル・ベル・ロック」ボビー・ヘルムズ
4位「ラスト・クリスマス」ワム!
5位「ホーリー・ジョリー・クリスマス」バール・アイヴス
6位「ラヴィン・オン・ミー」ジャック・ハーロウ
7位「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」アンディ・ウイリアムス
8位「そり滑り」ザ・ロネッツ
9位「グリーディー」テイト・マクレー
10位「レット・イット・スノー」ディーン・マーティン


音楽ニュースMUSIC NEWS

岩田剛典、ペプシのタイアップソング「MVP」MVで力強いパフォーマンス

J-POP2024年5月27日

 岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が、楽曲「MVP」のミュージックビデオを公開した。  楽曲「MVP」は、PEPSIの新商品『ペプシ<生> BIG ZERO LEMON』のタイ … 続きを読む

King & Princeの『anan』スペシャル企画、第3幕は永瀬廉が演じる“ふたつの恋のかたち”

J-POP2024年5月27日

 永瀬廉(King & Prince)が、2024年6月5日に発売となる『anan』2400号の表紙に登場する。  今回は、3か月にわたるKing & Princeのスペシャル企画「King & Prince 輪舞( … 続きを読む

Number_iが『ヌメロ・トウキョウ』特装版の表紙に登場、“唯一無二の関係”を20ページ大特集

J-POP2024年5月27日

 Number_iが、2024年5月28日発売の『ヌメロ・トウキョウ』7・8月合併号特装版の表紙に登場する。  特装版では、通常版には掲載されていない4ページ追加した計20ページにわたり、一度しかない人生を愛というきらめきで彩ったNumbe … 続きを読む

ZARD、35周年企画が始動 17年ぶりとなるリクエストベストアルバムのリリースが決定

J-POP2024年5月27日

 ZARDが、リクエストベストアルバムを2025年にリリースすることが、決定した。  2026年のデビュー35周年に向け、その前年にあたる2025年2月10日からZARD永遠のスタンダード・ナンバーの魅力をさらに深く、より広く伝えていくため … 続きを読む

aespaが完全な“私”に生まれ変わる、新曲「Armageddon」MV公開

J-POP2024年5月27日

 aespaが、新曲「Armageddon」のミュージックビデオを公開した。  新曲「Armageddon」は、2024年5月27日にリリースとなった1stアルバム『Armageddon』のタイトル曲。強烈なシンセベースサウンドとオールドス … 続きを読む

Willfriends

page top