EXILE小林直己 初のミュージックビデオ監督作品公開! JAY’ED「Here I Stand」Dance Ver.でE-girls佐藤晴美と華麗なペアダンス披露

2017年8月12日 / 21:52

 EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー 小林直己が自身初となるミュージックビデオ監督を務めた「Here I Stand -Dance Ver.-」を公開。今作で小林は、企画、監督、出演のひとり三役を務め、映像ではE-girls、Flowerのパフォーマー 佐藤晴美とコラボレーションし、華麗なペアダンスを披露している。

 初めて映像作品の監督を務めた小林は、「自分の頭の中にはイメージが浮かんでいたのですが、それをスタッフと共有する点に苦労した」と語り、自ら手書きの企画書や画コンテを用意してスタッフとイメージを共有するなどして取り組んだ。また「普段の撮影とは違い最少人数での撮影だったので、監督をしながら出演したり、必要なものを運んで準備したり、とても勉強になることが多かった」と苦労を覗かせながらも、充実感を口にした。

 今回、小林が監督を務めた「Here I Stand -Dance Ver.-」は、R&Bシンガー JAY’EDが今年の5月にリリースしたシングル曲「Here I Stand」をダンスバージョンにアレンジ。EXILE ATSUSHIが全面プロデュースし、作詞も務めた楽曲は、JAY’EDの歌にかける強い想いと決意が込められている。小林は「この曲を初めて聴いたときに、何かに向かって挑戦するときに生まれる人間の強さや美しさを感じ、心にしみわたるような感動と衝撃を受けた」と振り返り、「それをダンスで自分なりに表現したいと思い制作した」と経緯を語った。

 ミュージックビデオでは、小林と佐藤が息の合ったペアダンスを披露。「二人のリアリティを大切にして、裸の心をさらけ出すことを念頭に撮影した」と小林が言うように、長い手足を活かしたダイナミックなパフォーマンスで、“決意”や“覚悟”を綴った歌詞の世界観を華麗に表現している。また、米・ロサンゼルスとラスベガスで撮影をしたシーンでは、広大な大地をバックにソロダンスを披露。ソロシーンについて小林は「ダンスやこれまでの人生への感謝の気持ちと、未来への希望を込めて、振付を踊るというよりは、曲から自分が思い浮かんだことを表現した」と言うように、ストーリー仕立ての描写で心情を見事に表現した感動作を創りあげた。

 普段は別々のグループで活動する二人。小林は佐藤に対し「持ち前の存在感と、人の心を貫くような表現力に、昔からいつか共演してみたいと思っていた」と起用理由を明かすと、それに応えるように佐藤も「私自身もこのようなダンスムービーを撮るのが初めてだったので、チャレンジ尽くしではありましたが、皆さんに元気を与えられるようなパフォーマンスができたと思います」と手応えを口にした。

 小林はアーティスト活動をする傍ら、2年ほど前から、独自に映像作品の企画やプロデュースを始めていた。最近では俳優業にも力を入れており、今年の5月に映画の舞台挨拶でハリウッドを訪れた際は、流暢な英語のスピーチで会場を沸かせるなど、多彩な才能を見せている。今後の映像制作について聞くと、小林は「映像を通して人に何かを届けるということは、普段の活動ともリンクしている」と明かし、意欲的な姿勢を見せた。

◎公開動画
・「Here I Stand -Dance Ver.-」
https://youtu.be/jLh-5DToRlo
・JAY’ED「Here I Stand」MV
https://youtu.be/OfOV89jyRr4

◎リリース情報
シングル『Here I Stand』
2017/5/24 RELEASE
<CD> MUCD-5334 1,000円(tax out.)
収録内容:
01. Here I Stand
 作詞:EXILE ATSUSHI 作曲:さかいゆう
02. Everybody -PKCZR Remix-
03. Here I Stand (Instrumental)

アルバム『Here I Stand』
2017/6/21 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)> MUCD-8105/6 3,800円(tax out.)
<通常盤(CD)> MUCD-1389 3,000円(tax out.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

D'ERLANGER、トリビュート盤のジャケ写真と 特典ポスター公開

ジャパニーズロック2017年8月18日

9月13日にリリースされるD’ERLANGERトリビュートアルバム『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』のジャケット・アートワークと予約特典となるポスターデザイ … 続きを読む

KEYTALK、横浜アリーナ公演記念グッズとして 『KTEP COMPLETE』アナログレコードBOX限定発売

ジャパニーズロック2017年8月18日

9月10日に開催されるKEYTALKキャリア初となる横浜アリーナ公演のオフィシャルグッズが発表され、同時に事前販売受付がスタートした。定番アイテムの新作ラインナップはもちろんのこと、横浜アリーナ記念として、世界的に活躍するイラストレーターR … 続きを読む

Shout it Out、ぶつかり稽古2マンツアー大阪公演で cinema staffに挑む!

ジャパニーズロック2017年8月18日

Shout it Outが先輩バンドに対バンを挑む、ぶつかり稽古2マンライブツアー『虎の威を借り、狩られる狐~Season 2 ~』の大阪公演のゲストが、cinema staffであることがアナウンスされた。 リーダーの細川千弘(Dr)は高 … 続きを読む

【連載コラム】稚菜、ドラマ「わにとかげぎす」のテーマをカバー

J-POP2017年8月18日

こんばんは。 さて、まずはカバー曲、115曲目。 TOKIOの「クモ」 ドラマ「わにとかげぎす」の主題歌です。 TOKIOの曲はサビでグッと?ハッと?させられるものが多い。 長瀬さんの言葉選びの感覚とメロディーが混ざり合って、 力強さの中に … 続きを読む

トリプルギターが炸裂するレーナード・スキナード絶頂期のライヴ盤『ワン・モア・フロム・ザ・ロード』

ニュース2017年8月18日

70年代初頭から中頃にかけて、アメリカンロックのひとつの大きな柱となっていたのがサザンロックであった。サザンロックはその名の通り、アラバマ、ジョージア、フロリダ、テネシー等のアメリカ南部諸州から登場してきたロックグループの総称である。サザン … 続きを読む

page top