【気になるPERSON2014】乙女新党 新曲「サクラカウントダウン」リリース

2014年2月25日 / 22:22

 「月刊TVfan」4月号(発売中)で、新曲「サクラカウントダウン」(3月5日リリース)の聞きどころを元気いっぱいにアピールしてもらったアイドルグループ、乙女新党。ここでは、本誌に掲載しきれなかった未公開トークをたっぷりとお届けします! 

 

――「サクラカウントダウン」のPVは、学校が舞台になり、メンバーそれぞれの別れと旅立ちが描かれています。どんな撮影でしたか。

高橋 普段は学校がみんな違うんだけど、このPVの撮影では1日ずっと一緒だったから、みんなが同じ学校にいるような気がして、すごく楽しかったです!

荒川 教室に4人がいるのが不思議な感じだったよね。

 1日中、同じ制服だったしね。

田尻 体育館のシーンでは、バレーボールをするシーンがあるんです。わかなが元バレー部だったから、わかながアタックしたボールがものすごく痛くて! 

 本気で打ったから(笑)。

田尻 本当に痛かった~!

 そうだ、優里花! トロンボーンどうだった? 私、すごく気になってたの。PV撮影のときにトロンボーンを吹いてたじゃん。

高橋 中学校のときに吹奏楽部だったからね。そのシーンは私がトロンボーンを練習していて、疲れたから水を飲みに行っていると、3人が楽譜に頑張れとか書いてくれたり、プリクラを貼ってくれるシーン。このとき、本当に3人がやってくれたんだよね。「頑張れ!」とか書いてくれて、すごくうれしかった!

田尻 吹奏楽部のとき、そういうことあったの?

高橋 うん、あったよ。大会に出る前はみんなで書き合いしたよ。

荒川 そういうの、いいなあ~。

 

amazon

page top