ジョニー・デップ好演、改めて人種差別や警察の腐敗について考えさせられる『L.A.コールドケース』【映画コラム】

2022年8月4日 / 07:00

『L.A.コールドケース』(8月5日公開)

(C)2018 Good Films Enterprises, LLC.

 ロサンゼルス 市警の元刑事ラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、1997年に発生した HIPHOP界のスター、2パックとノトーリアス・B.I.G.の射殺事件から18年たった今も、事件の真相を一人で追い続けていた。

 2人のラッパーの死はさまざまな憶測を呼び、対立する所属レーベル「デス・ロウ・レコード」と「バッド・ ボーイ・レコード」同士の報復合戦が招いた悲劇ともうわさされたが、現在に至るまで犯人は特定されず、真相はいまだ深い闇に包まれていた。

 一方、独自に事件を探っていた記者のジャック(フォレスト・ウィテカー)は、プールのもとを訪れ、真相の究明に協力するが、やがて2人の前に、新たな事実が浮かび上がる。

 2018年製作の映画で原題は「CITY OF LIES」。監督のブラッド・ファーマンは、実話を基にした事件を、生真面目に描いているが、人物説明や現在と過去の織り込み方に少々雑なところがあるので、いかんせん分かりづらいところがあって、見ながらもやもやしてくるのが残念だった。ただそれは、こちらが事件のことをよく知らないせいなのかもしれないとも思った。

 ところが、プロデューサーのミリアム・シーガルの「これは推理映画ではない。いろいろな人が疑われているけれど、映画の中心テーマは犯人を明らかにすることではない。これは、終わりのない物語。誰がやったのか分からないし、誰を信じたらいいのかも分からない。確固たる証拠がないのだから。むしろ、犯人を探し出したいというプールの熱意を描いている」という談話を目にした。

 それを読んで、もやもやの原因が分かった。自分はこの映画に、推理ものとしてのすっきりとした展開や結末を望み過ぎていたのかもしれないと。

 そして、この事件の背景に、91年に起きたロドニー・キング事件からロサンゼルス暴動という流れがあったことを知らされ、改めて白人と黒人との間の人種差別や警察の腐敗が根深い問題であることを知らされた思いがした。

 
  • 1
  • 2

Willfriends

amazon

page top