【芸能コラム】「SUITS/スーツ2」織田裕二&中島裕翔のバディが光る! クールでスタイリッシュなドラマをおさらい

2020年4月16日 / 06:00

 また、犬のような愛しさが感じられる大輔は、中島の魅力を存分に引き出す役どころだが、織田にとっても、甲斐は新たなハマり役といえるだろう。織田といえば「東京ラブストーリー」の長尾完治、「踊る大捜査線」シリーズの青島俊作が思い浮かぶが、年齢を重ね、深みを増した今、その貫禄が甲斐のイメージにはぴったりだ。そこに立っているだけで存在感を放つ織田は甲斐という人物に説得力を与えている。

 さて、シーズン2の第1話では、ボストンにいた大輔を、甲斐が誰にも相談せずに突然呼び戻すところから物語が始まった。大輔が弁護士としての成長を見せる一方で、かつて甲斐が弱みを握り、事務所から追い出した共同代表の上杉一志(吉田鋼太郎)が復帰への意欲をのぞかせ、不穏な空気が漂い始める。怪しさ満開の吉田の登場は、波乱を予感させるには十分だ。

 第2話では、職場復帰した上杉がスタッフの心をつかんでいく一方、甲斐はチカから東京国際記念病院の看護師組合の労使交渉を任される。もともと上杉が獲得したクライアントでもあったが、その交渉は難航を極め…。甲斐と大輔はどんな手を使って交渉を進めていくのか。そして、上杉との闘いはどう進むのか、乞うご期待。(嶋田真己)

『SUITS/スーツ2』第1話(左から)鈴木保奈美、新木優子、小手伸也

  • 1
  • 2
 

page top