【舞台リポート】男劇団 青山表参道X、旗揚げ公演開幕! 西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久らイケメンが集結

2018年6月15日 / 16:34

 数多くの女性タレントたちが所属することで知られるオスカープロモーションが、30人の俳優・モデル・タレントを集めて、男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」を結成した。旗揚げ公演となる『SHIRO TORA ~beyond the time~』の開幕に伴い、6月14日には囲み取材が行われ、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久、西銘駿が登壇した。

(左から)西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久

  本作は、「白虎隊」をテーマにした青春群像劇。タイムスリップで時空を超え、現代に現れた白虎隊が、現代を生きる演劇部の高校生たちと交流し、廃部寸前の演劇部を盛り立てていく。主人公・小野田陽斗を飯島が演じ、タイムスリップした現代にいきなり現れる白虎隊の足達藤三郎を栗山、間瀬源七郎を塩野、伊東悌次郎を西銘がそれぞれ演じる。

 「仮面ライダーゴースト」で主役を演じ、2018年は主演舞台が続々と控える西銘は「1カ月間、事務所総出で、みんなで作り上げてきました」と意気込みを語る。そして、同劇団について「多種多様な人が所属しています。俳優、モデル、舞台俳優、歌手を目指している人もいて、個性にあふれた人がたくさんいるので、今後はこの劇団がマルチに浸透していくと思います」と期待を口にした。

 また、「仮面ライダーエグゼイド」に主演したことでも知られる飯島は、本作で初舞台を踏む。殺陣にも初めて挑戦し、「難しかった」と本音を吐露するも、「劇団だからこそ、気を使うことなくなんでも言い合えた。稽古はつらくもありましたけど、楽しみもたくさんありました」と振り返った。

 一方、栗山は「旗揚げ公演がこんなに早くできることがうれしい。ワクワクが止まらないです」と楽しそうに話し、塩野は「お客さまに『楽しかった』と言って帰ってもらうのが目標です」と力強く語った。

 今後挑戦してみたい役柄について話が及ぶと、西銘は「悪役に挑戦したい」と話し、塩野も「悪役はみんなが憧れる」と同意。これを聞いた栗山から「西銘に悪役ができるかな、顔がかわいいからなあ」とからかわれると、西銘は「かわいいから悪役。そういう雰囲気を持っているのに腹黒いという役」と熱弁し、会場の笑いを誘った。(取材・文/嶋田真己)

『SHIRO TORA ~beyond the time~』公開稽古の様子

 『SHIRO TORA ~beyond the time~』は6月14日~17日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。


page top