綾瀬はるか、「あー、生きててよかったー!」 マイブームを告白

2016年3月2日 / 15:19
マイペースなコメントで会場を和ませた綾瀬はるか

マイペースなコメントで会場を和ませた綾瀬はるか

 「セイコー ルキア 2016春夏 新CM発表会」が2日、東京都内で行われ、イメージキャラクターを務める女優の綾瀬はるかが出席した。

 真っ白なノースリーブのワンピースで登場した綾瀬は、「上品だけど、ちょっと短い丈のスカートが開放感があります」とファッションのポイントを紹介。この日、身に着けたトノー(樽)型の新作ウオッチについても「女性らしいデザインですごく軽い」と感心しつつ、自分なら「普段、プライベートで食事に行く時とかお出かけする時に着けたいですね」と声を弾ませた。

 また、4日から放送される新CMのタイトルは「なりたい私になっていく。」。これにちなみ、「今、過去に思った“なりたかった私”になれている?」と尋ねられた綾瀬は「なれていると思います。自分らしく、自分が得意なことや、自分ができることをちゃんと分かってやる。前向きで笑って過ごせたらいいなと思ってました」と明かし、これから先“なりたい私”についても「いろんなことがあっても受け流して、全部前向きに考えられるようなポジティブな人であれたら」と語った。

 さらに、最近ハマっているものとして、「足湯たんぽ」をあげた綾瀬。「これに本当に救われています! シューズ型の湯たんぽなんですが、朝早くて足が冷えていたりする時に、これに足を入れると、一気に世界の色が変わります。あー、生きててよかったー! みたいな気持ちになります」と熱弁を振るい、笑いを誘った。

 そして、初となるコラボ商品の発売も決定。「じゃじゃーん!」とフリップを取り出した綾瀬は、「ルキアヤセです。ルキアとアヤセをミックスしました」と名称を発表。名付けの経緯については「本当に思いつきだったので…」とはにかんだ。

 デザインや素材にも綾瀬の意向が反映されると言い、「コンセプトは、クールで可憐でゴージャスみたいな…。ちょっと盛り過ぎたかもしれませんが、より女性らしさを引き出してくるようなものになっていると思っています」とアピールした。

真っ白なノースリーブのワンピースで登場

真っ白なノースリーブのワンピースで登場

 


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top