レオス・カラックス」に関連する件の記事

【映画コラム】毎日映画を見て過す男が案内する映画の旅『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』

ほぼ週刊映画コラム2022年6月8日

『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』(6月10日公開)  365日、毎日映画を見て過ごし、これまで見た映画は1万6千本以上。監督業のかたわら、映画解説番組の司会や作家としても活躍するスコットランド人のマーク・カズンズ。  この映画は、カズンズ自ら・・・続きを読む

『アネット』公開初日舞台あいさつ レオス・カラックス監督「アダム・ドライバーの顔は猿に似ている。そこが気に入った」

TOPICS2022年4月1日

 映画『アネット』の公開初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、レオス・カラックス監督が登壇した。  本作は、カラックス監督にとって8年ぶりの新作。アダム・ドライバーとマリオン・コティヤールを主役に迎え、自身初となる全編英語によるダークファンタジー・ロ・・・続きを読む

【映画コラム】カンヌ国際映画祭監督賞受賞作『アネット』/カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作『TITANE チタン』

ほぼ週刊映画コラム2022年3月31日

『アネット』(4月1日公開)  『汚れた血』(88)や『ポンヌフの恋人』(91)などの鬼才レオス・カラックス監督が、ロン&ラッセル・メイル兄弟によるポップバンド「スパークス」がストーリー仕立てのスタジオアルバムとして構築していた物語を原案に、映画全編を・・・続きを読む

  • 1

amazon

page top