ヨルシカ」に関連する58件の記事

【先ヨミ・デジタル】ヨルシカ『創作』が現在DLアルバム首位 YOASOBI/森内寛樹が続く

音楽ニュース2021年1月29日

 GfK Japanによるダウンロード・アルバム売上レポートから、2021年1月25日~1月27日の集計が明らかとなり、ヨルシカの『創作』が2,621ダウンロード(DL)で首位を走っている。  本作はヨルシカの新作EPで、TBS系『NEWS23』のエンディング・テーマ「風を食む」や、新曲「強・・・続きを読む

ヨルシカ、EP『創作』全曲クロスフェード試聴映像を公開

音楽ニュース2021年1月19日

 ヨルシカが1月27日にリリースするEP『創作』の全曲クロスフェード試聴映像が、ヨルシカのYouTubeチャンネルで公開された。 https://youtu.be/GXf33fyxr1M  映像では大成建設テレビCMソング「春泥棒」、映画『泣きたい私は猫をかぶる』エンドソング「嘘月」、TBS系『NEWS23・・・続きを読む

<ライブレポート>ヨルシカ初の配信ライブ【前世】――何人かの物語が見えた1時間15分

音楽ニュース2021年1月12日

 ボーカルはたったひとり、suis(スイ)だけだというのに、この1時間15分で何人かの物語を見た気がする――。2017年、コンポーザーのn-buna(ナブナ)がボーカル・suisに声を掛けて結成したヨルシカは、「作者が作品より前に出ないようにしたい」というアイディアのもと、表情・・・続きを読む

ヨルシカ、新曲「春泥棒」を配信 前作ストーリーと繋がる全編CGMVも公開

音楽ニュース2021年1月9日

 ヨルシカの新曲「春泥棒」が、配信された。  1月9日に自身初のオンラインライブ【前世】を開催したヨルシカ。一切の告知がなされない中、配信された本作は、2020年の3月より大成建設CMソングとしてオンエアされており、ファンがリリースを待ち望んでいた楽曲だ。また、春・・・続きを読む

『FFBE 幻影戦争』新CMでヨルシカ「盗作」を志尊淳と松岡茉優がカバー

音楽ニュース2020年12月22日

 タクティカルRPG『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』の新CM「人生の選択 SPECIAL ver.」篇、「NieR:Automata コラボ」篇が12月23日から全国で放映される。  『人生の選択 SPECIAL ver.』篇は、11月に公開された『人生の選択・・・続きを読む

ヨルシカ、初の配信ライブ【前世】アコースティック編成で1月開催

音楽ニュース2020年12月9日

 ヨルシカが、初の配信ライブ【前世】を、2021年1月9日に開催する。  ヨルシカのライブは昨年12月に行われたライブツアー【月光】以来となり、本公演はアコースティック編成でのライブとなる。視聴チケットは販売中で、オフィシャルグッズは12月10日18時より販売開始となる・・・続きを読む

ヨルシカ、新作EP『創作』CD付き&CDなしの2タイプでリリース

音楽ニュース2020年11月26日

 ヨルシカが、“CDのないCD”をコンセプトにした新作EP『創作』を、2021年1月27日にリリースする。  収録曲は“春”をテーマにした全5曲。大成建設TVCMソング「春泥棒」、映画『泣きたい私は猫をかぶる』のエンドソング「嘘月」、TBS系『NEWS23』のエンディングテーマ「風を食・・・続きを読む

ヨルシカ「盗作」が志尊淳&松岡茉優出演のCMソングに決定

音楽ニュース2020年11月13日

 ヨルシカが2020年7月29日にリリースしたアルバム『盗作』に収録されている「盗作」が、株式会社スクウェア・エニックスが配信する、タクティカルRPG 『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』のテレビCMソングに決定した。  本・・・続きを読む

ヨルシカ、新作MV「風を食む」砂時計とダンスで“消費社会”を表現

音楽ニュース2020年11月12日

 ヨルシカが、2020年10月7日に配信リリースした最新曲「風を食む」のミュージックビデオを公開した。  TBS系『NEWS23』エンディングテーマに起用されている「風を食む」。林響太朗が手掛けたMVは、砂時計の砂が落ちて積もっていく空間の中で踊る一人の女性で、楽曲のテーマ・・・続きを読む

ヨルシカ「ただ君に晴れ」ストリーミング累計再生数1億回突破

音楽ニュース2020年9月30日

 ヨルシカ「ただ君に晴れ」が、2020年10月5日付(集計期間:2020年9月21日~9月27日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で2,149,847回再生を記録し、累計再生回数が1億回を突破した。 「ただ君に晴れ」は、2018年5月9日にリリースされた・・・続きを読む

ヨルシカ、“消費社会”を題材にした新曲が『NEWS23』新エンディングテーマに

音楽ニュース2020年9月23日

 ヨルシカの新曲「風を食む」が、TBS系『NEWS23』新エンディングテーマに決定した。  コンポーザーのn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて2017年に結成したヨルシカ。これまでヨルシカの楽曲は、n-bunaが自ら創作したストーリーをもとに作られてきたが、・・・続きを読む

ルックアップはユーザー層のバロメーター?! ヨルシカの新旧アルバムを比較

音楽ニュース2020年9月14日

 比較的ロングセールス曲が上位を占めているHot 100に比べると、Hot Albumsは入れ替わりが激しい。今週のトップ10を見ると、King & PrinceやTAK MATSUMOTOなど10作中9作品が初登場。長く上位にとどまるのはなかなか困難であることがよくわかる。そんななか、ヨルシカの・・・続きを読む

ヨルシカ、『盗作』の秘密に迫る特別番組をオンエア決定

音楽ニュース2020年8月13日

 ヨルシカが、7月29日にリリースしたアルバム『盗作』の秘密に迫る特別番組を、スペースシャワーTVでオンエアすることを決定した。  『盗作』は、「音楽の盗作をする男」をコンセプトに、主人公の男の破壊衝動を楽曲として表現したコンセプチュアルな1枚となっている。  ・・・続きを読む

【ビルボード】ヨルシカ『盗作』、前作を上回る初週ダウンロード数でDLアルバムを制す

音楽ニュース2020年8月5日

 2020年8月10日付(集計期間:2020年7月27日~8月2日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、ヨルシカの『盗作』が首位を獲得した。  本作は「音楽の盗作をする男」を主人公とした男の“破壊衝動”を表現したヨルシカの3rdアルバム。初週・・・続きを読む

【ビルボード】ヨルシカ『盗作』が総合アルバム首位 ジェジュン/BiSHが続く

音楽ニュース2020年8月5日

 2020年8月10日付(集計期間:2020年7月27日~8月2日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、ヨルシカの『盗作』が総合首位を獲得した。  ヨルシカにとって3rdアルバムとなる本作には、映画『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌「花に亡霊」など、全14曲が収録されてい・・・続きを読む

【先ヨミ・デジタル】ヨルシカ『盗作』がDLアルバム現在首位 NiziUは5週連続トップ3キープなるか

音楽ニュース2020年7月31日

 GfK Japanによるダウンロード・アルバム売上レポートから、2020年7月27日~7月29日の集計が明らかとなり、ヨルシカの『盗作』が4,362ダウンロード(DL)で首位を走っている。  本作はヨルシカの3rdアルバムとなっており、“音楽の盗作をする男”を主人公としたコンセプチュ・・・続きを読む

ヨルシカ、アルバム『盗作』のデカジャケが渋谷に登場

音楽ニュース2020年7月31日

 ヨルシカのニューアルバム『盗作』の書籍仕様デカジャケが、東京・SHIBUYA TSUTAYAに登場した。  本作は、「音楽の盗作をする男」を主人公とした男の“破壊衝動”を形にした全14曲が収録されている。また、初回生産限定盤には、約130Pの小説「盗作」を含めた書籍型の装丁に・・・続きを読む

ヨルシカ、新作MV「盗作」初となるオール実写

音楽ニュース2020年7月22日

 ヨルシカが、2020年7月29日にリリースとなるアルバム『盗作』より、先行配信曲であるタイトル曲のミュージックビデオを公開した。  アルバム『盗作』には「音楽の盗作をする男」を主人公とした男の“破壊衝動”を形にした全14曲を収録。今回のMVは、そのアルバムのジャケッ・・・続きを読む

ヨルシカ、ニュー・アルバム『盗作』全曲試聴映像を公開

音楽ニュース2020年7月8日

 ヨルシカが、2020年7月29日にリリースとなる3rdアルバム『盗作』の全曲クロスフェード試聴映像を公開した。  アルバム『盗作』には、「音楽の盗作をする男」を主人公とした男の“破壊衝動”を形にした全14曲を収録。クロスフェード映像では先行配信曲「夜行」「花に亡霊」「・・・続きを読む

メディアミックスでロングヒット?! ヨルシカのチャート攻略

音楽ニュース2020年7月4日

 Official髭男dismやKing Gnuなどに代表されるように、ここ最近の傾向としてシングルはデジタル・リリースのみで行い、アルバムをフィジカルのCDで売り伸ばすというパターンが一般化してきた。 ヨルシカもそういったアーティストに数えられるだろう。n-bunaとsuisによって2・・・続きを読む

page top