ブルース・ダーン」に関連する件の記事

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

ほぼ週刊映画コラム2021年1月13日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロリーヌ・シロル)・・・続きを読む

【映画コラム】タランティーノのハリウッドへの偏愛に満ちた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ほぼ週刊映画コラム2019年8月27日

 クエンティン・タランティーノ監督が虚実を入り乱れさせながら1969年のハリウッドを描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日から公開される。  本作は、もし、1969年のロサンゼルス(ハリウッド)に、落ち目のテレビ西部劇スターのリッ・・・続きを読む

【映画コラム】2時間48分を飽きさせないタランティーノの力業『ヘイトフル・エイト』

ほぼ週刊映画コラム2016年2月27日

 クエンティン・タランティーノ監督、脚本の密室ミステリー風の西部劇『ヘイトフル・エイト』が公開された。  時は南北戦争後、舞台は山の上の雑貨店。吹雪で足止めを食らい、一夜を共に過ごすことになった訳ありの7人の男と1人の女による群像劇だ。  賞金稼ぎのル・・・続きを読む

【映画コラム】ユーモアと悲哀を感じさせるロードムービー『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

ほぼ週刊映画コラム2014年3月1日

 頑固な老父とその父に反発する息子が旅を通して親子の絆を取り戻していく様子を描いたロードムービー『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』が2月28日から公開された。  監督は『アバウト・シュミット』(02)『サイドウェイ』(04)『ファミリー・ツリー』(11)など・・・続きを読む

  • 1

page top