スティーブ・カレル」に関連する件の記事

【映画コラム】現実と空想世界が交差する二重構造『マーウェン』

ほぼ週刊映画コラム2019年8月3日

 ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害に遭い、障害を負いながらも、独自の世界観で写したフィギュアの写真で認められたマーク・ホーガンキャンプ(スティーブ・カレル)が、創作活動を通して回復していく姿を実話を基に描いた『マーウェン』が公開中だ。タイトルはマークがミ・・・続きを読む

【映画コラム】ドラッグ依存症の根深さを描いた『ビューティフル・ボーイ』

ほぼ週刊映画コラム2019年4月15日

 音楽ライターの父とドラッグ依存症だった息子が、それぞれの視点から書いたノンフィクションを映画化した『ビューティフル・ボーイ』が公開中だ。    父親役をスティーブ・カレル、息子役をティモシー・シャラメが演じている。若手俳優の有望株のシャラメは・・・続きを読む

【映画コラム】ウディ・アレン流『ラ・ラ・ランド』の趣がある『カフェ・ソサエティ』

ほぼ週刊映画コラム2017年5月6日

 御年81歳の名匠ウディ・アレンの最新作『カフェ・ソサエティ』が公開された。今回は監督、脚本のほかにナレーションもアレンが担当し、名ストーリーテラーの本領を遺憾なく発揮している。 舞台は1930年代。ニューヨークに住む平凡なユダヤ人の青年ボビー(ジェシー・アイ・・・続きを読む

【映画コラム】アカデミー賞に見る“実話映画”の流行について

ほぼ週刊映画コラム2015年2月28日

 23日(現地時間22日)に行われた「第87回アカデミー賞授賞式」では、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が作品賞のほか、監督賞(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)、脚本賞、撮影賞を受賞した。  だが興味深かったのは、今年も候補作の・・・続きを読む

中井貴一が声優初挑戦 「鶴瓶さんがやっているのでできるかな」

TOPICS2013年9月21日

 映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉、中井貴一ほかが登壇した。  シリーズ第2弾の本作は、前作で三姉妹の父親となった元怪盗のグルー(鶴瓶)が、何者・・・続きを読む

  • 1

page top