エンニオ・モリコーネ」に関連する10件の記事

エンニオ・モリコーネにジュゼッペ・トルナトーレが迫るドキュメンタリー映画『ENNIO』3月公開

音楽ニュース2021年12月23日

 映画『ENNIO(原題)』が3月に日本公開される。  同作は、1961年のデビュー以来、500作品以上の映画とテレビの音楽を手掛け、昨年に91歳で逝去したエンニオ・モリコーネに迫るドキュメンタリー映画。『ニュー・シネマ・パラダイス』などでタッグを組んだジュゼッペ・トル・・・続きを読む

【インタビュー】映画『あの夏のルカ』エンリコ・カサローザ監督&アンドレア・ウォーレンプロデューサー「この映画の中で、友情についての問い掛けを掘り下げたいと思いました」

インタビュー2021年6月15日

 イタリアの小さな港町ポルトロッソの住民たちは、海の世界に住むシー・モンスターを恐れていたが、シー・モンスターも地上に住む人間を恐れていた。だが、好奇心旺盛なシー・モンスターの少年ルカは、海のおきてを破り、親友となったアルベルトと共に、ポルトロッソへやっ・・・続きを読む

故エンニオ・モリコーネ、92歳の誕生日を記念した新撮ドキュメンタリーのYouTubeプレミア公開が決定

音楽ニュース2020年11月10日

 デッカ・レコードとCAMシュガーがタッグを組み、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ没後初の新譜として2020年11月6日に発売したアルバム『モリコーネの秘密』(Morricone Segreto)。本作のリリース、そしてエンニオ・モリコーネ92回目の誕生日となるはずだった本日11月10日・・・続きを読む

エンニオ・モリコーネ、未発表音源7曲を含むレア音源収録の『モリコーネの秘密』リリース決定

音楽ニュース2020年10月19日

 2020年7月に91歳でこの世を去った映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ。11月に迎えるはずだった彼の92歳の誕生日を記念して、デッカ・レコードとCAMシュガーがタッグを組んだアルバム『モリコーネの秘密』(Morricone Segreto)が2020年11月6日にリリースされることが決・・・続きを読む

映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネが91歳で死去

音楽ニュース2020年7月7日

 これまでに500本以上の映画のスコアを手掛けたイタリア人作曲家のエンニオ・モリコーネが、91歳で死去した。先週転倒した際に大腿骨を骨折した彼は、合併症のためにローマで亡くなった。  1928年11月10日に生まれたモリコーネは、トランペット奏者の父親マリオの影響でト・・・続きを読む

御年87歳のエンニオ・モリコーネ、<デッカ・レコード>から自ら選曲・録音・指揮を手掛けた初のグレイテスト・ヒッツ盤を発表

音楽ニュース2016年6月8日

 世界的に有名なイタリア人作曲家エンニオ・モリコーネが、これまで60年にわたり600曲を作曲してきたキャリアを記念し、<デッカ・レコード>と新たな契約を結んだ。  今年10月7日には、88歳の誕生日となる11月10日に先駆けて最新アルバム『モリコーネ 60』がリリースされ・・・続きを読む

ディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受賞 作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』

TOPICS2016年2月29日

 第88回アカデミー賞授賞式が29日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、『レヴェナント:蘇えりし者』のレオナルド・ディカプリオが主演男優賞を受賞した。  ディカプリオはこれまで、アカデミー賞の主演男優賞に3度(『ウルフ・オブ・ウォー・・・続きを読む

【映画コラム】2時間48分を飽きさせないタランティーノの力業『ヘイトフル・エイト』

ほぼ週刊映画コラム2016年2月27日

 クエンティン・タランティーノ監督、脚本の密室ミステリー風の西部劇『ヘイトフル・エイト』が公開された。  時は南北戦争後、舞台は山の上の雑貨店。吹雪で足止めを食らい、一夜を共に過ごすことになった訳ありの7人の男と1人の女による群像劇だ。  賞金稼ぎのル・・・続きを読む

エンニオ・モリコーネ、ハリウッドの星形プレートにその名が刻まれることに

音楽ニュース2016年2月18日

 アカデミー賞受賞作曲家のエンニオ・モリコーネが2月26日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2,574個目の星型プレートにその名が刻まれることになった。ハリウッド・リポーターが伝えている。ライブ・パフォーマンス/演劇のカテゴリーで栄誉を授かるという。  ハリ・・・続きを読む

クリント・イーストウッドの作曲依頼を断っていたエンニオ・モリコーネ

音楽ニュース2014年12月22日

 映画音楽の作曲家 エンニオ・モリコーネが、過去にクリント・イーストウッドからの作曲依頼があったことを明かし、断ったことを後悔しているようだ。『ハリウッド・レポーター』誌が伝えている。  イーストウッドと言えば、1960年代にマカロニウエスタンの“ドル箱三部作”・・・続きを読む

  • 1

amazon

page top