佐々木希、箱から“伽椰子”登場に大絶叫  『呪怨』最新作、トリンドル玲奈は「ほとんど見られないぐらい怖い」

2014年6月4日 / 13:47

(左から)トリンドル玲奈、佐々木希、最所美咲、小林颯、青柳翔、落合正幸監督

 映画『呪怨 -終わりの始まり-』の完成披露上映会が3日、東京都内で行われ、主演を務める女優でモデルの佐々木希をはじめ、青柳翔、トリンドル玲奈、最所美咲、小林颯、落合正幸監督が出席した。

 本作は、1999年のビデオ作品「呪怨」から始まり、ハリウッドでリメークもされた「呪怨」シリーズの最新作。

 佐々木は「誰もが知っている『呪怨』に出られると聞いてとてもうれしい半面、ホラーが苦手なので不安もありました」と振り返った。青柳は「あまりにも台本が怖過ぎて、自分は出る側ですが身内にはあまり見せられないなと思いました」と苦笑交じりに語り、トリンドルは「完成したものをほとんど見られないぐらい怖かったです。たくさん絶叫して楽しんで帰ってください」とアピールした。

 また、アジア14地域などでの世界公開決定のお祝いとして、ステージ上に巨大な箱が運び込まれた。佐々木が「嫌な予感がする。全然聞いてないんですけど……」と恐る恐るリボンをほどくと、劇中で伽椰子を演じた最所が勢いよく登場。絶叫した佐々木が一目散に逃げると、今度は会場が暗転。客席がざわつく中、再び電気がつくと箱の前に俊雄役の小林が体育座りで現れた。

 佐々木もこちらには「かわいいじゃないですか。伽椰子さんにはびっくりし過ぎてすごい顔をしていたと思いますが」と笑顔を見せた。写真撮影の際に隣に並んだ伽椰子には「うわあ、怖い……」と終始おびえていたが、ファンへのコメントを求められた俊雄が真っすぐに佐々木を見詰めながら「お母さん……」とつぶやき近寄ると、頬をつつきながら「本当はとても仲良しだもんね。あ、笑いそうになってる」と和やかに再会をよろこんでいた。

 映画は6月28日から全国ロードショー。

 


芸能ニュースNEWS

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

amazon

page top